あらゆる人を受け入れてくれる築地本願寺に癒されに

プロフィール写真

洋の東西を問わず、「ストーリーのあるモノ」に魅かれます。〈歴史あるもの〉〈流行りもの〉双方ともに好き。皆様に幸せ訪れる様なお出かけを、東京中心にお伝えしてまいります。

【築地本願寺】に行ってまいりました。

昨今、何かと賑やかな築地ですが、ここは穏やかな気持ちになれる場所です。

 

 

遠目にも際立ち、特徴のある建物は、一見お寺とは思えない佇まいです。

「イメージにある日本のお寺らしくない」と驚く方も多いと伺います。

image2

インド風、アジア風とも感じられる外観には、万国共通の建物を目指し、「あらゆる人を受け入れたい」という思いが表れているそうです。

 

 

親鸞聖人が説く「生きとし生けるもの すべてを平等に救いとる」の教えが反映されています。

 

 

だからでしょうか。

 

 

築地本願寺にお参りに行くと、性別年齢関係なくいろいろな国の方とお会いします。

image3

私が初めて築地本願寺にお参りに行ったのは、10代だった頃。

お参りに行くまでは、ちょっと敷居が高く感じられていました。

が、実際に足を運んでみると、受け入れられている安堵感を感じたことを記憶しています。

 

 

以来、長きにわたり足繁くお参りに行っています。

 

 

正面の丸みを帯びた部分は、本堂の屋根です。

菩提樹の葉がモチーフとなっています。

中央に描かれているのが、蓮の花。仏教のシンボルの花です。

建物のパーツをつぶさに見ていくと、「お寺」を感じることができます。

 

中央階段の両脇に鎮座しているのは、「カルラ」

背中に翼のある獅子です。

インドの想像上の動物です。

image4

築地本願寺の設計は、鬼才・伊東忠太さん。

平安神宮、明治神宮の設計でも有名ですが、妖怪好きでも有名なんです。

小さいころから妖怪などのおもしろいものが見えていたらしく、たくさんの絵を残しています。

そんな伊東忠太さんが設計したのですから、建物の随所に発見があります。

 

例えば……

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top