冬の終わりの飛騨高山の旅

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは。寺社部長の吉田さらさです。

今回は冬の終わりの飛騨高山の旅にご案内いたします。

訪ねたのは3月初頭。飛騨地方は雪が多いことで知られますが、この時期、高山市内には、雪はもうそれほど残っておらず、寒さもさほどではなかったので、楽しく街歩きができました。

吉田_高山1

古い町並み、朝市、伝統工芸、多彩な食文化、そして寺町。

高山には奥深い魅力がいっぱい。しかも主な見どころが徒歩圏内にまとまっていて、一日歩いていても飽きません。

 

近年は、海外でもその魅力が広く知られるようになり、多くの外国人観光客が訪れるようになりました。彼らが作り出すインターナショナルな雰囲気も、高山の新しい魅力になりつつあります。

吉田_高山2

飛騨は山深いところで、中央からは遠く離れています。にもかかわらず、なぜ高山はこれほどの文化都市になったのか。それは、戦国時代以降に国主となった金森氏六代、107年の治世によるところが大きいようです。城を建て、碁盤の目のように道路を整えて城下町を整え、寺社も多数建てました。文化と産業の振興にも力を尽くし、のちに飛騨高山が「小京都」と呼ばれるようになる基盤を作ったのです。

吉田_高山3

まずは、一番人気の「古い町並み」を歩いてみましょう。

吉田_高山4

駅から10分ほど歩くと宮川という川が流れており、その向こうの三本の道が古い町並みと呼ばれています。

吉田_高山5

広範囲に渡って伝統的な建物が並び、お店もたくさんあって実に楽しいです。

吉田_高山6

ところどころに、昭和レトロを感じさせる建物もあります。こちらは懐かしい昭和の品物を集め、町並みを再現した博物館になっています。

 

高山昭和館のホームページ

http://takayama-showakan.com/

 

さらに坂道を登っていくと…。次のページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top