OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/105422/

いつも同じメイクでOK? リップとアイシャドウを明るい色に変えるだけで、顔色も気分も上がります!

俵 紀子

俵 紀子

おでかけ女史組花王チームメンバー。主にヘアケアのPRを担当。美容のポリシーは日焼けをしないこと、保湿をたっぷりすること、よく眠ること。アウトドア好きで、日焼け対策をしっかりして、キャンプやピクニックにおでかけするのが趣味。

こんにちは。花王のPR担当、俵紀子です。
春のおでかけ、楽しんでいらっしゃいますか?

私は先日、知人宅のホームパーティに。

ホームパーティ1

 

窓から東京の夜景が一望できる素敵なお宅なのですが、ちょうど東京タワーの真上にお月様が見えました。日常のちょっとした瞬間にも、感動が潜んでいるんですね。

ホームパーティ2

さて、前回はおうちで白髪を上手に染めるコツをご紹介しましたが、今月は春気分を盛り上げるメイクのコツをお伝えします。

 

 

OurAge世代の方の中には、これまでのメイクが習慣化してしまって「ここ何年も変えていない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。メイクは時代の流れに合わせても変えていくと、表情にぐっといまどき感が出ます。

春は気分もファッションも軽やかになる季節。メイクも明るい色に変えてみませんか?メイクを変えることで、気分もぐっと上がりますよ。

 

 

では、いつものメイクと明るい春色メイクを比べてみましょう。

◆いつものメイク 

170207_OurAge_m001★

いつものメイクはブラウン系のアイシャドウとローズ系のリップ。色がシックで、マットな仕上がり。50代には、若いころからずっとこういうメイクを続けている方が多いようですが、暗く地味な印象になりがちです。

 

 

これから初夏に向けて、ブルー系のアイメイクとピンクのリップをチョイスしてみてはいかがでしょう。

 

◆明るい春色メイク

170207_OurAge_m008★

顔色も全体的にトーンアップして、明るく軽やかな印象に。変えたのはアイメイクとリップの色だけなんです。

 

 

いつものメイクが落ち着いた色やマット系という方は、これからの季節、ぜひ透明感のある明るい色にチャレンジしてみてください。

 

 

170207_OurAge_m015★
とはいえ、「色選びがわからない」というお声もよく耳にします。
おすすめなのは、オーブクチュールのブライトアップアイズロングキープルージュ。OurAge世代に似合う色設計になっているので、50代の肌に合った、失敗しない色選びができるんです。

170207_OurAge_m039

ブライトアップアイズは2色同時につけられる「2色ブラシ」で、ひと塗りするだけでキレイなグラデーションが作れます。

 

 

OurAge世代向けの色設計なので、普段手を出しづらいブルー系やパープル系も肌なじみがよく、チャレンジしやすいですよ。

 

 

また、目の際に入れるライナーも、たるみがちな目もとでもラインが引きやすいようにやわらかくなっています。目ヂカラアップにも一役買ってくれますよ。

 

さらに

170207_OurAge_m023

この「まぶたベース」がOurAge世代には欠かせません。クリーム状のベースで、まぶたを明るく整え、上からつける2色シャドウの密着性や発色をよくします。アイシャドウの前に、指でまぶたに塗ります。乾燥しがちなまぶたもしっとりして、粉っぽくなる悩みも解消します。

 

ではリップの色選びは…

ロングキープルージュは50代の顔色をもっと明るく見せる色設計。ほどよいツヤ感も透明感アップのポイントです。

 

 

ピンク系、ローズ系、レッド系、ベージュ系がありますが、ポイントは、下1桁「3」の色を選ぶこと

 

 

3は、明るめで華やかな色になっています。今回使ったリップは「PK163」。春はぜひ、ピンク系の末尾「3」を楽しんでみてくださいね。

170207_OurAge_m040

 

◆編集部より撮影現場ネタ
俵さんのビフォーメイクは、「確かに、そういうメイクの人多い!(そして私も)」と、改めてナットク。ブルーのアイメイクにピンクのリップは、自分ではなかなか選ばない色でしたが、その明るい仕上がりにさらにナットク! 次の日にフルコピーでメイクしてみたところ、顔色どころか全体の印象が明るくなり、気分も一気に上がったのでした。

 

 

●気分を上げる透明感のあるメイクの詳細はこちら

オーブクチュール ブライトアップアイズ 全5種 各3,800円(本体価格)

オーブクチュール ロングキープルージュ 全32色 各3,200円(本体価格)

 

撮影/岩城裕哉  俵紀子(プライベート写真) 取材・文/島田ゆかり


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第4回/白髪の“おうち染め”チャレンジ。上手に染めるコツ教えます!…

次の記事>

次の記事>
第6回/UV乳液を味方につけて、初夏もお出かけを楽しみましょう!…

この連載の最新記事

みんなの「頭皮の悩み」は主に4つ! きちんと、しかも気持ちいいケアは?

第35回/みんなの「頭皮の悩み」は主に4つ! きちんと、しかも気持ちいいケアは?

次回のサロン予約までしのげる! 白髪の「つなぎ染め」って?

第34回/次回のサロン予約までしのげる! 白髪の「つなぎ染め」って?

歯にモノがはさまる、を放置してはいけない理由は?

第33回/歯にモノがはさまる、を放置してはいけない理由は?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル