OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

今、話題のGINZA SIXのレセプションは、TPOを考えて白黒コーデ。

小林一美

小林一美

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

記事一覧を見る

今、話題のGINZA SIX
OPENの前日、レセプションにお邪魔しました。

 

この複合施設が出来ることは少し前の段階から伺っていて、

大丸松坂屋さんの編集売場に、ウチのお洋服を卸させていただくことになっていました。
2階の大丸松坂屋さん独自の編集売場は、日頃お世話になっている方がディレクターとして関わっていて、
そんなご縁もあったのと、担当のバイヤーさんがお取引する前から、
Le pivotを着用して気に入って頂いていたので、スムーズに展開することとなったのです。

小林さん OPEN天井

さすがにレセプションは華やかなオープニングでした。
途中入場制限もあったそうです。
エスカレーターもずっと人で切れ間なく・・・といった感じでした。
2階のSIXIÈM(シジェーム)という売り場は、
ドレスアップ・デイリー・リラックス・ギフト・プロモーション・トラベルと、
編集が6つのカテゴリーに分かれていて、それぞれに担当のバイヤーさんがいるのですが、
私達がお世話になっているのは、トラベルの売り場です。
お洋服や靴バッグの他に、イニシャル入りの麻のハンカチがあったり、

小林さん ハンカチ

ステイショナリーや旅のおつまみ的なポップコーンや、

小林さん 雑貨

多肉植物まで。こちらは勝どきと青山の骨董通りにお店を構えるaglaiaさんのもの。
お声掛け頂いてびっくり!

小林さん 多肉種

水牛の花器に一目ぼれ。

小林さん 象牙の花器

 

 

 

GINZA SIXのレセプションへの装いは、次のページでご紹介。


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第22回/いつものスタイルで気軽に乗りたいから。敢えてのワイドパンツで自転車選び。…

次の記事>

次の記事>
第24回/自転車通勤はいつものスタイルに、右足だけ裾バンドを付けて…

この連載の最新記事

夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

第43回/夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

第42回/久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

第41回/9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル