ひとり旅デビューにはベストな行先! 台北を賢く楽しむテクニックとは?

プロフィール写真

トラベルジャーナリスト。旅歴25年。訪れた国は80ヶ国ほど。女性誌、旅行サイト、新聞、週刊誌などで執筆。独自の視点とトレンドを考えた斬新な切り口には定評あり。日本の観光活性化にも尽力。山口県観光審議委員、青森県の観光戦略アドバイザーなどを務める。著書に「ホテルブランド物語」(角川書店)」、「泣くために旅に出よう」(実業之日本社)、「フランスの美しい村を歩く」(東海教育研究所)など。◆個人サイト 「ハッピー・トラベルデイズ

 

みなさま、すみませんご無沙汰しちゃいました。五月病でも中二病でもなかったのですが怒涛の5月を過ごしておりました。

 

あ、メンタルは元気です。体調は相変わらず年齢並み。ヨーグルトとチーズを食べて骨粗しょう症防止に励んでます(笑)。このふたつの食品は海外でも簡単に手に入るものですし、特にスイスやフランス、ニュージーランドなど乳製品の本場では種類も多く上質で本当においしい! 旅先での日々の習慣にするにはとてもいいフードアイテムです。

 

さて今回の旅先は台湾。みなさんはどんなイメージでしょうか。

 

「お隣の親日国」「ほっこり癒しの旅先」「屋台や小龍包など美食三昧!」などなど。

 

そう、台湾は日本人にとってどこか懐かしい心をのびやかに癒してくれる愛すべき国。

 

かつて日本が統治していた歴史があり、今でも日本の建築家が設計した当時の建物が残り、お年寄りの中にはそれはそれは丁寧な日本語を話す方もたくさんいらっしゃいます。

 

台北イメージ

 

 

ゲートウェイとなる台北には三越デパート、吉野家、クロネコヤマトなど日本企業の店舗も多く、コンビニに行くと日本ブランドのお菓子やドリンク類もたくさん。

 

そんな台湾は海外ひとり旅にはまさにベストオブベストな存在! 「おひとり海外デビュー」に台湾をチョイスするのは実に正しい選択だといえます。

 

実際、台北市内の人気レストランやカフェ、観光スポットなどにはガイドブックやiPhone片手に楽しそうなひとり旅の女性を見かけることも少なくありません。

 

また魅力なのが近さ。東京から直行便で約3時間半。時差は日本よりもマイナス1時間だけ。もちろんパスポートは必携ですがビザは不要。この近距離感も台湾のおすすめポイントのひとつです。

 

ひとり旅にそんなに時間を取れない、というときにも、たとえば台北オンリーならば、週末を含めて3日あれば十分に楽しむことができます。これならば、国内旅行とまったく変わらないので時間を捻出できるはず。

 

さらに、安定の物価の安さもアジアの国のうれしいところ。台湾も食事、ホテル、交通費など日本に比べたらコスパのよさでお財布にも優しい。経費節約でスパを自分に奮発したり、こころよく送り出してくれた家族へのちょっといいお土産を選んだり。そんな楽しみも生まれます。

 

定番みやげはパイナップルケーキ!なかでも微熱山丘(Sunny hills)は相変わらず大人気ですが、最近はベリー入りやエッグタルト風、チョココーティングなどハイブリッドなパイナップルケーキもあり、迷うほど多彩です。

 

パイナップルケーキ

 

そして、これからの季節に台湾をおすすめしたい大きな理由は…次のページへ。

 

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top