天空の城ラピュタにそっくりな無人島、友ヶ島で島ウォーク

プロフィール写真

大阪在住18年。東京で結婚後、夫の転勤を機に大阪へ。病院勤務で介助の仕事をしています。料理するのも、食べる事も大好きで、調理師免許も取得。史跡、遺跡、神社仏閣巡りが趣味で、御朱印も集めています。子供たちの手が離れたので、自分の時間を楽しんでいます。

本格的な暑さになる前に、一度訪れてみたかった和歌山市加太沖に浮かぶ「友ヶ島」へ島ウォークをして来ました。
和歌山県と淡路島との間の瀬戸内海に位置する島で、国立公園に指定されています。コースは全長約2Kmと、初心者でも半日あれば十分なコースになっています。

 

 

キャンプ、釣り、海水浴ももちろん出来る、自然を満喫できる島なのですが、それだけではないのです。
明治時代に建てられた旧日本軍の砲台や、弾薬庫が随所に残され、独特な雰囲気を醸し出しています。

 

 

島までは船で30分程。天候によっては欠航になるので事前に問い合わせをした方が無難◎

1unnamed

この日は揺れも少なく、無事に到着しました。

 

 

いよいよ、島ウォークです。
島の船着き場は一箇所で、飲み物の自動販売機はこちらにしかありません。
行かれる時には十分な水分を持参して行くことをオススメします。

2unnamed

要塞に残されていた砲弾が置かれていて、到着するなり戦争をしていた時代を実感させられます。

 

島全体は舗装された道ではないので、石がゴロゴロ。履き慣れた靴でないと歩きにくいので注意が必要です。

3unnamed
木が生い茂っているそのままの自然。木のトンネルが続いてます。
野生のリスにも何回か遭遇する事も☆

4unnamed

宿舎跡と発電所跡が見えてきました。
明治時代に建てられた赤レンガの建物。その先のトンネルを通り抜けると…

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top