星野リゾート ロテルド比叡 ~琵琶湖を見渡す天空のテラス登場~

プロフィール写真

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

2015年、京都の北東、標高650mの比叡山の山頂近くにリブランデイングオープンした「星野リゾート ロテルド比叡」。京都駅から、送迎バスで町中を抜け、約40分。そこには、観光主体の京都の旅とは、ひと味ちがう ゆったりとした時間と、心躍る楽しみが待っていました。

小原比叡ホテル

京都府と滋賀県の県境に位置するホテルは、周囲を山がめぐり、暑さがこもる盆地の京都の町から行くと、真夏でも涼やかな風が吹く、避暑地。広々した敷地には、全29室のホテル棟と、そこに宿泊するゲストしか利用できないライブラリーやレストランなどのパブリックスペースがあり、思い思いの休日が過ごせる、京都の町にとても近いリゾートなのです。

小原比叡DSC04497

そんなホテルに、今年春に完成した「山床カフェ」は、山にせり出し、まるで空中に浮かんでいるような感覚が楽しめる広々したウッドテラス。眼下には、湖面をキラキラ輝かせる琵琶湖、そして遥かに対岸の鈴鹿山脈の姿が広がります。のびやかで開放的なその景色は、まさに感動もの。

 

爽やかな風が吹き抜ける湖を望む特等席のカウンター席に座りながら、食前酒やホテル自慢のスイーツなどを味わうひととき…刻々と色を変える琵琶湖…時の過ぎゆくのを忘れてしまいそう。

小原比叡テラス

さて、お楽しみの夕食は、琵琶湖周辺の新鮮な野菜や近江伝統の発酵食の技を巧みに取り入れたフレンチ。ここでしか味わえない品々が、食膳に並びます。

滋賀県は、日本屈指の米や野菜、果物などの生産地。そして琵琶湖は、湖魚などを育む豊かな湖として知らています。また今、健康食として注目される発酵食品。その多くは、近江から生まれたものなのです。大津の町灯りを眺めながら、味わう滋味豊かな料理は、ここに宿泊するゲストだけが味わえる至福の時をもたらします。

小原比叡DSC04562

小原比叡DSC04574

 

小原比叡DSC04651

 

 

「星野リゾート ロテルド比叡」でのお楽しみは、次ページにも。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第43回
星野リゾート ロテルド比叡 ~琵琶湖を見渡す天空のテラス登場~

  • To Top