横浜・綱島にある洋菓子店「Herriott (エリオット)」のランチは感激します!

プロフィール写真

〈ミディクール〉軽井沢の奥深い魅力にひかれ、横浜の自宅と軽井沢を行き来するようになって7年。軽井沢の自然やおいしいもの情報など、フォトスタイリストの視点から魅力を伝えます。家族は夫と15歳になるチワワ。

写真①

横浜市東急東横線綱島駅周辺は、かつては80軒もの宿泊施設があったとされ温泉街として栄えた町。今では渋谷まで急行で20分ほどの場所のため、商業施設や住宅街が広がる地域となりました。
駅近くに流れる鶴見川沿いを10分ほど、はじめてなら探しながら歩かなければ通りすごしてしまいそうな場所にそのお店があります。

写真②

”パリのどこかの空の下、小さな小さな菓子店で、きどらないママがクラシックなお菓子を作っています”
というコンセプトの洋菓子店 ”Herriott”

 

 

オーナー様は、以前はリネンやコットンを使った小物作家さんで、たびたび雑誌などにも登場されていた方。ふんわりとしたロングスカートがお似合いのモデルさんのように美しいマダムが、約二年前にオープンされたお店です。

写真③

店内はオーナー様のこだわりを感じるアンティーク調の素敵なインテリア。
飾れている小物ひとつひとつがとっても素敵!
お菓子のお味だけでなく、オーナー様の作り出す世界観に対し熱烈なファンがいらっしゃるようです。

写真④

友人に教えていただいて初めて訪れましたが、私の心もキュッとつかまれましたよ~
お店のインテリアに溶け込むように、販売用のお菓子が並べられています。
カヌレやスコーンをはじめ、クッキーやメレンゲなど、おなじみのお菓子たちなのですが、
どこかほかのお店とは違っておしゃれに見えます。

写真⑤

店内は6人がけのテーブルと2人がけのテーブルがあるのみ。
スイーツやランチもこちらでいただけるのですが、ランチは完全予約制です。
今回の目的は、ランチでした。

 

 

もう、お皿が運ばれてきた瞬間、かわいくてびっくりですよ!

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top