はじめてのクルーズ旅でアラスカへ(後編)夢のような日々

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

はじめてのクルーズ旅でアラスカへ(後編)

夢のような日々

 

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

前回に引き続き、ルビー・プリンセス号でのアラスカクルーズの旅のお話です。

吉田アラスカ2P7040338

 

クルーズ3日目。

だいぶ慣れてきて、船内を自由に動き回れるようになりました。

この日はスキャグウェイの港に停泊します。スキャグウェイは小さな町ですが、年間の観光客は15万人。その多くが、こうしたクルーズ船で訪れます。

吉田アラスカ2P7050516

この町の歴史は、1896年アラスカとカナダの国境近くで金鉱が発見されたことから始まります。いわゆるゴールドラッシュです。おびただしい人々が、スキャグウェイの港から金鉱を求めて上陸し、この町は、そうした人々のために娯楽や宿泊する場を提供する拠点として発展。当時の建物は、今も数多く保存されており、古いアメリカ映画のようです。

吉田アラスカ2P7050340

この町と金採掘場をつなぐ「ホワイトパス鉄道」に乗るツアーに参加しました。

吉田アラスカ2P7050361

この鉄道もゴールドラッシュ当時にできたもので、外観も内装もアンティークな雰囲気です。今は観光専用ですが、昔は鉱石を運んでいたんですね。

吉田アラスカ2P7050424

崖っぷちをひた走る、世界でも指折りの絶景列車です。この日は霧がかかって遠くまでは見通せませんでしたが、時折見える渓谷や山の風景が大迫力。終点はもうアメリカではなくカナダなので、パスポートチェックもあります。

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第61回
はじめてのクルーズ旅でアラスカへ(後編)夢のような日々

  • To Top