札幌がジャズの街になる「SAPPORO CITY JAZZ」テントライブへ

プロフィール写真

(エルエル) 札幌で夫とふたり暮らし。金融関係で働いています。パンを作るのも食べるのも大好きで、小麦大国北海道の美味しいパンを探し歩いています。北海道は食材そのものが美味しい土地。見所も沢山あります。北から発信するおでかけをご紹介します。旅行とヨガがストレス解消法。

暑いです。今年の北海道は記録的な猛暑。
そんな札幌をさらに熱くするイベントが「SAPPORO CITY JAZZ」
「札幌がジャズの街になる」をコンセプトに2007年から始まった国内最大規模のジャズフェスティバルです。国内外のアーティストが約2か月間札幌各所でジャズイベントを行います。

 
7月になると大通公園に巨大テントが出現します。

CIMG0653 (2)

CIMG0657 (2)

こちらは、イベントの中心となるサッポロミュージックテント。
1ヶ月間日替わりでスペシャルライブが行われます。人気アーティストのチケットはすぐ完売。モタモタしていて、買いそびれたのですが、運良くFMノースウェーブのCRCK/LCKSというバンドの招待ライブに当選。

 
初めてのミュージックテントライブです。入り口はこんな感じで

PhotoGrid_1500524524331

中は別世界、すごく広い。
ここは…

BeautyPlus_20170718213422_save
BeautyPlus_20170723124519_save
座席やステージの感じがブルーノートにすごく似ているのです。確認したら、協賛企業の1つがブルーノートジャパンなので、なるほど納得。

 
テント内には、本格的な厨房がありレストランが併設。北海道の食を味わいながら、音楽を楽しめます。
会場にいるスタッフの多くが市民ボランティア。丁寧だけれど気さくで、とても感じがいいのです。入ったらすぐ席までエスコートしてくれます。

 
私は一階席なのですが、二階がまたステキと聞き、少し見せていただきました。
ガラッと雰囲気が変わって大人の空間です。

BeautyPlus_20170723210022_save

バーカウンターのようになっています。
気分を味わうのに、ちょっとだけ座らせていただきました。

 

 

 

お食事は、テーブルオーダーかカウンターで注文のクイックメニューがあります。
テーブルオーダーだと、ディナーという感じになるのですが、この日は連続猛暑日。道産子レディの食欲は失われておりまして、飲み物だけ注文しにカウンターへ。

BeautyPlus_20170723163721_save

食べたくないだの、飲み物だけでいいだのグダグダ言っていると友達に「ほら、パンあるよ」
カウンター横に、本日のメニューであるランチボックスが。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top