国宝のお堂にに入れる特典も!京都は宿坊に泊まりませんか

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは。寺社部長の吉田さらさです。

全国の寺社を中心とした旅の情報をお届けしています。

今回は、京都の定宿のひとつとして、10年以上前からたびたびお世話になっている仁和寺の宿坊、御室会館をご紹介します。

吉田仁和寺shukuP720005150

仁和寺は、京都の北西部の「きぬかけの道」と呼ばれる道沿いにあります。

平安時代に、宇多天皇が、初夏に雪を見たいと所望したため、背後の衣笠山に白い絹をかけて雪に見立てたという伝承から、「きぬかけの道」という名前がつきました。この道沿いには金閣寺、竜安寺などもあり、仁和寺御室会館に宿泊すれば、徒歩でも観光することができます。いずれも世界遺産の寺ですが、祇園や清水寺周辺と比べれば混雑もやや少なめで、落ち着いて京都歩きを楽しめるエリアと言えます。

吉田仁和寺shukuP719001450

仁和寺御室会館をご紹介する前に、宿坊全般について、簡単に説明しておきましょう。はじめて宿坊に泊まる方は「敷居が高いんじゃないか」と思われるようですが、近年の宿坊は、多くが一般観光客にも門戸を開いているため、どなたでも簡単に泊まれます。普通の宿に泊まるのと同じように、電話をかけて予約すればよいのです。

しかし、普通の宿と少し違う部分もいくつかありますので、予約の際はご注意ください。

 

●食事の条件を確認。宿坊は一般には一泊二食付きですが、京都では、外にお店がたくさんあるため、夕食はオプションというところが多いです。

 

●食事は精進料理とは限りません。特に京都の場合、宿坊にも地元の料理屋さんが入っているケースもあり、肉や魚を使った京料理やおばんざいが出るところもあります。精進料理にこだわる方は、予約の際に確認してみましょう。

 

●ほとんどの場合、アメニティはあっても最小限です。中にはまったくないところもあります。予約の際に確認し、各自必要なものを持参しましょう。

 

●門限があります。お寺の施設ですから、これは当たり前のことです。

 

●坐禅、写経などを体験したい方は、事前に確認しましょう。写経は多くのところで受け付けてくれますが、中には、対応のないところもあります。坐禅は、禅宗の寺の修行なので、禅宗以外の宗派の寺ではほとんどできませんし、禅宗の寺であっても、住職さんが多忙の時などは対応していただけないこともあります。真言宗の寺では、「阿字観」という坐禅に似た瞑想を体験できることもあります。

 

●朝のお勤めに参列しましょう。お勤めとは、僧侶の方が朝いちばんにする読経のことです。寺によって、全員参加のところとオプションのところがありますが、これに参列しないと宿坊に泊まる意味がないので、この日だけはがんばって早起きしたいものです。

 

では、仁和寺御室会館のご案内をいたしましょう。

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第63回
国宝のお堂にに入れる特典も!京都は宿坊に泊まりませんか

  • To Top