HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/11783/

サッカー観戦の合間に、ゲルゼンキルヒェンの街を散策しました

おでかけ女史組 ちょこみみさん

今回のドイツ一人旅は完全にサッカー観戦が目的だったのですが、
シャルケ練習場で知り合った日本人女子と一緒に
ブラブラ街歩きもしてみました。

まずは宿泊したホテルのあるゲルゼンキルヒェンの街。
日曜日は基本的にほとんどの店が閉まっている中、
たまたま開いていたカフェ「Cafe Extrablatt」をみつけてランチ。

ドイツのカフェ Cafe Extrablatt

英語のメニューはありますか?と聞いたら、
ない代わりに給仕さんが丁寧に説明をしてくれました。

私はトマトスープ(パン付)とピーチティーをオーダー。

Cafe Extrablatt トマトスープ ピーチティー

濃厚なトマト味のスープを半分ぐらい堪能したら
生クリーム(砂糖は入っていません)を混ぜてクリーミーに。
味が変わって最後まで楽しめました。

食後はお散歩。10分程歩くとシュタットガルテン公園(Stadtgarden)に着きました。

ドイツ シュタットガルテン公園

日曜の午後をのんびり過ごす家族や老夫婦がちらほら。静かでのどか。
さすがドイツ。公共の場がとっても綺麗です。

シュタットガルテン公園 内部

しばし公園を散策した後は、来た道とは別のルートでゲルゼンキルヒェン中央駅方面へ。
私が渡欧した時期は復活祭ことイースター
(ドイツではオーステルンOsternといいます)を挟んでいたので、
イースター・エッグやイースター・バニーのディスプレイが多く見られました。
店が閉まっていてもウィンドウショッピングが楽しい季節ですね。

ドイツ イースターエッグやバニーのディスプレイ

ゲルゼンキルヒェンはメジャーな観光地ではないため
華やかな街ではありませんが、
のんびりお散歩するには心地の良い場所でした。

散歩の途中で偶然見つけたアイスクリーム屋さんは
1スクープ0.8ユーロ(※1ユーロ約140円=112円)。

ドイツ ジェラート

ランチを食べた直後にも関わらず、試さずにはいられませんでした(笑)
バニラにチョコレートソースがかかったSTRACCIATELLAという種類をチョイスしたら、
万人受けする美味しさでした。
ホテルに近かったら、毎日通ってしまうのに。

 

ひとり旅では毎回の食事をカフェやレストランで取るより、
ホテルの部屋でサッカー中継を観ながらのんびりという気分だった私。
宿泊先から歩いて2,3分圏内にあるスーパーやテイクアウトの店を活用しました。

 

朝食はスーパーで購入したパンに生野菜、サラミ、チーズをサンド。
カフェで買ってきた淹れたてカプチーノと一緒に。

 

夜はアジア料理のテイクアウトがお気に入りに。

ドイツ asiahung 店外観

ゲルゼンキルヒェン駅前に何店舗かあり、メニューも多く値段も手ごろなため
仕事帰りの地元の方も多く訪れていました。
使われている野菜の種類も多く、味も栄養もバランスが取れていて美味しかったです。

asiahung メニュー

シンプルなヌードル(焼きそばのようなもの)は
2ユーロ50セントで売っていました。
歩きながら食べている地元の人もチラホラ。定番メニューのようです。
店頭には番号が付与された写真入りのメニューがあるので、
ドイツ語が苦手でも注文しやすいのも魅力ですね。

asiahung 海老と野菜の炒め物

私が気に入ったのは、海老と野菜を甘辛く炒めたものとライスのセットです。

ドイツのビールにもよく合うメニューでした。6ユーロ90セント。

 

ドイツのB級グルメとして忘れてはならないカリーブルストCurrywurstも食べました。
実は私・・カレーが唯一苦手な食べ物なのでずっと敬遠していたのですが、
食わず嫌いはいけないと最後に挑戦してみたのです。

ドイツ B級グルメ カリーブルスト

すると、思い込んでいたイメージとは違い(良い意味で)

日本人が考えるカレー味というより
韓国の屋台グルメ「トッポギ」を洋風に仕上げたような感じ。
甘辛いコクが癖になりそうです。

 

カリーブルストはパンもついて2ユーロ20セント。
アジア料理屋さんでテイクアウトしたヌードルスープ(2ユーロ50セント)と一緒に食べたら、もの凄いボリュームでした。

 

 

次回は電車で出かけた近郊の街をご紹介します。

 

 

■Cafe Extrablatt
http://www.cafe-extrablatt.com/

 

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#海外 #ドイツ #食べる

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜

◆旅先の必需品! じんわり蒸気浴で、ホテルでリラックス

1日おでかけを満喫した日は、目もともリラックスさせてあげませんか。めぐりズム蒸気でホットアイマスクは、約40℃の心地よい蒸気が10分程度、目元をやさしく包み込みます。働き続けた目を蒸気で温めることで、一日の緊張感から解き放たれて、気分まで奥からじんわりほぐれてきます。心地よいラベンダーの香りは、1日の終わりの至福の時間の就寝前はもちろん、旅先の飛行機の中もおすすめです。

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル