奈良に行ったら、まず「ナラニクル」に行ってみよう

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは。寺社部長の吉田さらさです。

今回は、リニューアルされてすっかりおしゃれになった奈良市観光案内センターのお話です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奈良は、京都と並ぶ歴史的な見どころの多い観光地ですが、意外にもホテルは少なめでした。

観光客は日帰りが多く、東大寺と奈良公園周辺だけささっと見て帰ってしまう。

かつてはそんな傾向があったようですが、ここ何年かで外国人観光客がぐっと増え、彼らのためのゲストハウスがあちこちにできました。

リーズナブルなものから高級なものまで、新しいホテルの計画もいくつか進んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以前は、京都に比べてのんびりした雰囲気が魅力と言われた奈良ですが、近年は、おしゃれな雑貨屋さんや食べ物屋さんも増えてきて、ちょっと前とは活気がまるで違います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

奈良市観光センターは、JR奈良駅から続く三条通りと、近鉄奈良駅から続くやすらぎの道の交差点にあります。つまり、奈良のど真ん中。しかし、以前の建物は少し古くなっていて、なんとなく入りにくい印象があったように思います。今年の6月、増え続ける若い世代や外国からの観光客に対応すべく、その観光センターがついにリニューアルされました。

吉田奈良ナラニクル

愛称は「NARANICLE(ナラニクル)」

一般公募で選ばれました。奈良+クロニクル(年代記・社史)=ナラニクルという造語で、かつ、「奈良に来る」という意味もあるようです。目新しい響きもあるし、わかりやすくもある。素晴らしいネーミングですね。

 

これまでは、ちょっと寄ってパンフレットをもらうくらいだったけれど、今は、カフェ&レストラン「カフェ エトランジェ・ナラッド」も併設され、ランチやお茶をしながら、じっくり旅の計画を練ることができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地元の大和野菜を使った「和の要素を取り入れたヨーロピアンメニュー」などが人気です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店内の壁には、旅人たちの壁画も描かれ、いかにも世界の旅行者が集まる場所という感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パンフレットコーナーも充実し、外国人対応もばっちり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

思わず手に取りたくなるような奈良土産も充実しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

観光客の奈良滞在時間をもっと伸ばしてもらうとの狙いもあり、カフェ・レストランの営業時間も11:00~22:00(LO)までと長く、遅くに小腹がすいたた時や、軽く飲みたい時にも重宝しそうです。そう言えば、以前の奈良は、夜7時過ぎたら通りは真っ暗で、ほとんどのお店が閉まっているイメージがありましたっけ。

 

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第64回
奈良に行ったら、まず「ナラニクル」に行ってみよう

  • To Top