OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

休日出勤の日は楽に過ごせるお出かけ服で、朝から晩までフル稼働。

小林一美

小林一美

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

記事一覧を見る

休日の過ごし方というのは皆さんそれぞれかと思いますが、
私の場合は、お休みはとにかくのんびりしたい方です。
映画を観に行ったり、ゆっくり料理したり、
友人と会って食事するとか、いつでも出来そうなことを時間を気にせずすることが好きです。
でも反対に、休日に仕事が入った日は、そのついでに色々なことを詰め込んでしまいます。
イベントごとに顔を出したり、合間に蚤の市やファーマーズマーケットで買い物したり。
思い出した用事も済ませて、よく歩いたなぁとなるのです。
そんな時は夜ご飯も誰かを誘ってと、結局朝から晩までフル稼働です。
今回は、そんな休日出勤のお出かけ服をブログにしてみました。

 

まず事務所に寄ってから、ティファニーに用事があったので、ちょっとキレイ目なワンピースに。

小林さん ワンピース1
外をいっぱい歩く日だったので、日傘を。

小小林さん ワンピース2

 

若干地味になりそうな時はジュエリーを多めにします。
ピアスと、ネックレスは2本使いました。小さい石のものは、メゾンルーバスのもので

ロングレックレスを2連のように使っています。四角い石のネックレスはリニエです。

小林さん アクセサリー

休日出勤するとはいえ、楽に過ごしたい休みの日。
ワンピースが多くなります。

小林さん ワンピース2点
まだ蒸し暑い日もあるので、半袖や七分袖だったりしますが、
夏の終わりになると、バッグや靴を少しだけ変えます。
白いサンダルはそろそろ終わりで、サンダルでも甲を覆うタイプのものや、
かごでも黒っぽいものを選びます。
左のチェックワンピの方のバッグはヘレンカミンスキーで、ストライプワンピの方はエバゴス、
靴は両方ともトリッペンです。
中途半端な季節では色を気にしますが、逆に真冬だと、夏に使っていた籐のかごにファーやウールの小物をのせて、
又出番がやってきます。なのでかごは一年中目につくところに置いてあります。

 

 

 

次は朝から晩まで予定を詰め込んだ休日出勤の日の様子を。

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#東京23区内 #銀座

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第24回/自転車通勤はいつものスタイルに、右足だけ裾バンドを付けて…

次の記事>

次の記事>
第26回/撮影用に初秋のカラーコーデを着てみました…

この連載の最新記事

久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

第42回/久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

第41回/9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

パリ出張の合間に日帰りでロンドンのDior展へ!トート&斜め掛けパース&スニーカーの軽装で。 

第40回/パリ出張の合間に日帰りでロンドンのDior展へ!トート&斜め掛けパース&スニーカーの軽装で。 

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル