奥能登国際芸術祭で人生初のホステス体験

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

奥能登国際芸術祭で人生初のホステス体験

 

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

普段は寺社巡りをメインテーマとしておりますが、

最近では、美術展や素敵なお宿など、より幅広く旅の情報をお届けしています。

今回は、現在、石川県の能登半島で開催中の「奥能登国際芸術祭」(2017年9月3日~10月22日まで開催)についてです。

 

近年、里山や島など、自然の中で行われる芸術祭が人気を呼んでいます。

各地に残る文化を取り入れた作品や、その地方ならではの風景を生かした作品など、

美術館で見るアートとはまた違う魅力があり、全国から訪れる人も多いようです。

 

 

「奥能登芸術祭」は、能登半島の先端の珠洲(すず)という海辺の町で、広範囲に渡って展開されています。珠洲市は人口約15000人。周囲を海に囲まれた風光明媚なところです。かつては北前船など、海上交通と商業の拠点として栄えた時代もあり、祭も盛んな土地柄ですが、近年は過疎化が進んでいます。今回の芸術祭は、そんな珠洲市にたくさんの人を呼び、活性化につなげたいという願いを込めて開催されました。

 

参加アーティストは11の国と地域から39組。

アーティストだけでなく、地元の人々も制作や運営に参加して盛り上げています。

作品はオリジナリティに富み、どの作品も興味深いのですが、その中でも、とりわけわたしが気に入った作品をいくつかご紹介しましょう。

もっとも感銘を受けたのは、「神話の続き」と題された海辺の鳥居です。

写真ではわかりにくいかと思いますが、これは、このあたりの砂浜に流れ着いた漂着物で作られています。能登では、遠く大陸から日本海を渡ってやってきた神が祀られていることが多く、漂着したものをご神体にしている神社もあるそうです。

これは能登だけでなく、全国各地の海辺で見られる風習であり、日本神話は、主に、「神が山に降りる」、「海の向こうから神がやって来る」という二つの概念を中心に展開しています。日本人にとって、神は「どこかからやって来て何かを伝えるもの」なのです。

アーティストの深澤孝史さんは、現代の漂着物も神と見なして、この鳥居を作られました。それらはほとんとが大陸の廃棄物です。日本人は、古くは大陸伝来の文化の恩恵を受けてきましたが、現在、大陸の国々との関係は必ずしもよいとは言えません。こうした廃棄物も一般的には迷惑以外の何ものでもないでしょうが、見方を変えてあえて尊重することが、隣国との対話のヒントとして象徴的なのではないか。わたしはこの作品を見て、そんなことを思いました。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第63回
奥能登国際芸術祭で人生初のホステス体験

  • To Top