OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/120961/

韓国番外編☆今を楽しみつくす、眠らない街ソウル♪

かのん(OG)

かのん(OG)

生まれも育ちも大阪という生粋の関西人ですが、結婚して名古屋在住に。昨年より、大学の研究室秘書として仕事を再開。美味しいものは、作るのも食べるのも大好き!「あれ美味しいよ~」と言われれば西へ東へ。子どもたちも独立したので、近場から、うんと遠くまで、興味をひかれたら心のままにおでかけします。

記事一覧を見る

清州で郷愁を満喫した私。しかし!せっかくなので王道のソウルへも足を伸ばしちゃおう!っということで、後から合流した友人とともに2日間、ソウルを楽しみつくしました。

観光バスに乗っていれば優雅に目的地まで運んでくれた清州の旅もなかなかに素敵でしたが、ソウルの2日間はとにかく、“歩くよ!”と宣言されていたので、スニーカー大活躍。歩き回った2日間になりました。

 

まずは一旦、清州ツアーのみなさまと仁川国際空港まで同行し、空港でそれぞれに解散。その後、日本からの友人と空港でまちあわせて、東大門のホテルへ。
東大門までは空港からバスで移動の予定でしたが、友人の交渉力でめちゃめちゃお得にジャンボタクシーでホテルまでドアtoドアで行けることに。素晴らしい〜☆

 

さて、ホテル到着後、すぐに行動開始。
まずは両替かねて、街へでて、夜ご飯を食べよう!ということになり、早速地下鉄で移動。韓国の地下鉄初体験。地下鉄ではプリペイドカードがお得ということでまずは千円のプリベイドカードを購入。これで2日間、ほぼチャージなしで移動できるくらい、地下鉄代が安価とのこと。

 

なんでも両替は場所によりレートがかなり違い、このあたりで一番お得なのは中国大使館のすぐ近くの両替所ということでそこで両替。
清州のスマートで綺麗な街なみもよいけれど、ソウルのいかにも都会の繁華街、という通りの様子も、またちがったワクワク感をかき立てます。

 

そして、人がすごく多い!韓国のお嬢さんはみんな色白で手足がながーい。
真っ赤な唇がはやりみたいで、みんな唇だけが紅く灯っていて、あどけない顔とのアンバランスさが魅力的。

屋台では、たいやきアイス、なるものが今は流行だそうで・・・。

 

 

夕食は明洞の飲食街へ。せっかくだから、色々食べたいよね!という欲張りな我々は、はしごしよう、ということに。

 

まずは美味しそうな焼肉屋さんへ。韓国のお酒でかんぱーい!
大きなカルビを炭焼きして、お店のお姉さんが鋏で切って仕上げてくれるのですが、お肉が美味しい〜!もっと食べたい気持ちを抑え、つぎははやりのチーズダッカルビを食べよう!と別の店へ。ほろ酔いで有名なチェーン店だというダッカルビのお店へ。しかし、オーダーの時に意思疎通ができておらず、チーズダッカルビではなく、普通のダッカルビに。それでも、十分美味しくいただきました!

駅までの帰り道、
“・・・・・すごい!あれなに?!”


何万本の白く輝く、光の、花?
興奮しながら近づいていくと、それはLEDの白い薔薇。
川のようになだらかな坂一面がLSDの白い薔薇で埋め尽くされていました。
“きれい・・・”

トンネルに設置された古いピアノを男性がつま弾く音が夜風に乗り耳元をかすめ・・・こうしてソウル一夜目は大満足で暮れていきました。

 

翌日は、楽しみにしていたJK整形外科病院で肌管理を受けるために狎鴎亭へ。

JK整形外科病院は韓国でも有数の病院で、美容整形外科だけではなく、旅行者でも気軽に受けられるメディカルスパのコースがあり、顔や体についての施術を行うのは韓国で国家資格をもつ優秀な施術者のみ。内装は病院という雰囲気ではなく、白を基調としたリッチなたたずまい。

 

海外からのお客様も多いということで受付には何カ国語かを話せるスタッフが常駐。私と友人はそれぞれ簡単なカウンセリングをうけて、自分たちごのみの肌やデコルテの施術をメニューから選択して、至福の時間をすごせました。

最初のカウンセリングはもちろん、施術中も日本語を話せるスタッフがついてくれて、次に何をするのかを説明してくれるので安心。国家資格を持つ施術者だけあって、施術中の指の動きは”人の手?!”と思うくらい巧みな動き。

もちろん施術後はドレッシングルームでお化粧直しをしながら、思わず鏡の中の自分に感嘆するくらい、すっきり、艶めいたお顔になっておりました。

 

案内をしてくださった女性はなんと日本に留学経験があり、私の娘の大学の先輩にあたることも判明し、次に韓国に訪れたら必ず再訪したい場所のひとつになりました。

 

JK整形外科をでて、人気のカロスキルへ。ここは若い女性に人気のカフェやブティックが並ぶ素敵な通りがあり、どのショップも魅力的。韓国で大人気のフルーツパフェ、ボンボンをたべようとCafe de parisへ。

女の子に人気なのがうなずけるブルーと白を基調とした内装におしゃれなカフェテーブル。だけど!運ばれてきたパフェの美味しさに納得!これでもか!っていうくらいに大粒のマンゴーやアメリカンチェリーがごろごろ・・・そして、口中に広がる幸せな甘さ。

お昼ご飯より高価な?デザートを堪能したあとは、ブティックめぐり。どのブティックもすごくリーズナブルなのに、個性的でおしゃれ。ここにはラインのアンテナショップもあり、入り口に設置されたくまのブラウンが人気の撮影スポット☆

夜は清州でお世話になった方と待ち合わせて夕ご飯をご一緒することになっていたので、名残惜しいけどカロスキルを後に南大門近くまでむかい、有名な将軍像のある通りで写真を撮り、韓国最後の夜をゆらゆらと歩きながら仁寺洞へ。

チキンがたべたい!ということで有名なチキンのチェーン店に。どかん!ときたチキンは刺激的な辛みのたれがやみつきになりそうなお味。
このタレを持ち帰りたい〜!というくらい好きになりました☆

 

おいしいチキンと生ビール☆
食べて飲んで、笑って・・・ソウル最終日もこれ以上ない!くらい楽しい日になりました。

 

書ききれませんでしたが、なんとソウルには12時から営業する問屋街ビルが何件もあり、真夜中のショッピングを楽しんだり、韓国で大人気の綿菓子みたいなかき氷をたべたり・・・オフィス街のおしゃれなカフェで韓国のサラリーマンと一緒に朝食をいただいたり。

 

今回の旅も素敵な友人、知人のお誘いから。私って本当に周りの方々に恵まれている・・・それを改めて実感した韓国旅行でした。

ご一緒してくれた皆様、そして新たに出逢えた皆様、本当に有難うございました。
さあ、また新しいワクワクと出逢いを繋ぎながら・・・次はどこへいこうかな!

 

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#海外 #韓国 #食べる

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル