アートになったドラえもんに会いに行こう

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

寺社部長の吉田さらさです。

今回は、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催中の「THE ドラえもん展 TOKYO  2017」という面白い展覧会をご案内します。

 

 

会期は2017年11月1日(水)~1月8日(月・祝)まで。クリスマスの楽しいイベントのひとつとして、小さなお子さん連れで行くのもよし、ドラえもん育ちのお友達同士で行くもよし。遊園地気分で楽しみましょう。

 

ドラえもんが誕生したのは1970年、以来、日本中の子供たちに夢を届けてきました。

この展覧会は、主催者の「あなたのドラえもんを作ってください」との呼びかけに賛同した日本を代表する28組のアーティストが制作した世界でひとつだけのドラえもんを集めたものです。2002年に「THE ドラえもん展」が開催され、今回はその続編。この15年の間に、日本の現代アートは大いに発展し、さまざまな技法を持つアーティストが育ちました。

 

皆さん、それぞれにドラえもんに対する思い入れがあり、どの作品もアイディアあふれる個性的なものばかりです。一目で「ああ、ドラえもんだ」とわかるものもあれば、どこにドラえもんやしずかちゃんがいるのかわからないもの、よほど原作本を読みこんだりアニメ映画を見たりした人でないと、「これのどこがドラえもんなのか?」と思うものもあります。同行の人と一緒に、ドラえもん探しをするという楽しみもありますね。

入り口の天井には、ドラえもんをイメージさせるオブジェがつるされ、いよいよドラえもんの世界に入って行くんだなというわくわく感が高まります。

 

最初の部屋には、現代日本を代表するアーティスト、村上隆さんの作品が展示されています。村上さんは、2002年の「THE ドラえもん展」にも参加。こちらの「ぼくと弟とドラえもんとの夏休み」がその時の作品です。

 

こちらは2017年の作品「あんなこといいな 出来たらいいな」です。この作品を作るにあたり、村上さんは、たくさんの映画や資料を見て、「ドラえもんの中で一番大切なのは、藤子・F・不二夫先生だ」と気づいたのだそうです。そのため、この絵の中には、三か所に、藤子・F・不二夫先生の姿が描かれています。

ひとつはこれです。その他は、現地で探してみてください。

 

こちらは蜷川実花さんの「ドラちゃん1日デートの巻2017」です。蜷川さんも2度目の参加のため、「ドラちゃん1日デートの巻」の2002年バージョンも併せて展示されています。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第66回
アートになったドラえもんに会いに行こう

  • To Top