使わないともったいない! 36%の人しか使っていない美肌アイテムとは?

まず、小豆大(約8㎜)を指先に取り、少し指に広げてから塗ると手早く塗れてムラになりにくいんです。

そして、おでこ、鼻の頭、両頬、あごの5点に置きます。

次に全体に薄くのばしていきます。ここで大切なのが力加減。皮膚が動かない程度のやさしい力で塗りましょう。

そしてシミが気になる頬は、もう一度指先にうすくとり、ほお骨を包み込むように重ね、境目を、まわりとなじませます。

これでシミ・ソバカスをカバーし、明るさがアップします。

 

「小じわのあたりがヨレるので、下地はつけたくない」という声もお聞きしますが、プリマヴィスタ ディアは50代の肌研究から生まれたベースメイクブランド。ムラにならずに肌に均一にのってぴたっと密着し、厚塗り感のない仕上がりになるんです。

「つくってます感」のない明るい肌メイクは下地から!
プリマヴィスタディアの化粧下地は、シミ、ソバカスをカバーする<カバータイプ>と、より透明感のある仕上がりの<ナチュラルタイプ>があります。

 

(左)プリマヴィスタ ディア 明るさアップ 化粧下地<カバータイプ>
(右)プリマヴィスタ ディア 明るさアップ 化粧下地<ナチュラルタイプ>
カバータイプ 25g
ナチュラルタイプ 25ml
いずれもSPF20・PA++ 2,800円(編集部調べ)

 

詳しくはこちら
●プリマヴィスタ ディア 明るさアップ 化粧下地<カバータイプ>
●プリマヴィスタ ディア 明るさアップ 化粧下地<ナチュラルタイプ>

 

これまで、ハリ肌や、白髪のおうち染めチャレンジ後頭部のふっくらヘアの作り方大人の乾燥性敏感肌対策など、たくさんの大人美容のヒントをご紹介してきました。ぜひ、過去記事も参考にしていただき、おでかけを楽しんでくださいね。

 

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第12回
使わないともったいない! 36%の人しか使っていない美肌アイテムとは?

  • To Top