ディープに楽しむ二度目の台湾:新幹線で台中に日帰り旅行編

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

二度めの台湾旅行、三日目は、高鐵(新幹線)に乗って台中にお出かけしました。

ご存知のように、台湾の高鐵は日本の新幹線のシステムを導入しているため、わたしたち日本人にとっては、なじみやすく乗りやすいです。乗車券は、駅に行けば簡単に買えますが、土日祝日はやはり少し混雑するようなので、出かける日が決まっているなら、事前に予約しておくのもお勧めです。えきねっとと同じような公式サイトがあり、日本語の説明もあるので、簡単に買うことができます。

 

日本で予約しておいた場合、予約番号が書かれたページをプリントアウトし、駅の窓口でパスポートとともに提示すると発券されます。台中まではおよそ2,600円。所要時間は1時間ほどです。

駅のホームには、わかりやすい表示があります。「月台」というのはプラットホーム。何時発の何番の列車に乗るかがわかっていれば、間違えることはありません。

車体も日本の新幹線によく似ています。

車内も日本とほとんど同じです。

お弁当も売っています。

内容や詰め方は、お弁当大国日本と比べると、まだ微妙に発展途上といった感じでしょうか。

 

 

 

台中駅に到着。日本の旅行会社でワゴン車を予約しておいたので、駅で待ち合わせ。最初の訪問場所は彩虹眷村<虹の村>(ツァイホンジュアンツン)です。

「眷村」とは、第2次世界大戦後、蒋介石率いる国民党軍が台湾に進駐してきた人々が暮らした住宅です。小さな急ごしらえの平屋のような建物が集合した場所で、老朽化に伴って住人も減少し、治安も悪くなったため、近年では、取り壊され、マンションや公園になることが多いそうです。ここ、台中の眷村にも再開発計画がありましたが、2008年、長年の住人である黄伯伯というおじいさん(黄じいさん)が、突然ペンキでこのようなかわいい絵を描き始めたのです。

絵はどんどん描き続けられ、評判を聞いた人々が訪れるようになり、いつしか彩虹眷村と呼ばれる人気観光地になったのです。

黄じいさんは、現在は90歳を超えていますが、今でも、村の売店で観光客を出迎えています。しかし「俺様が描いたんだぜ」という感じはまったくなく、その場に溶け込んでしまっていたため、わたしはそこにいた方がアーティストとは気づきませんでした。そもそも黄じいさんが絵を描きはじめたのは、「退屈だったから」とのこと。この邪心のなさが、このような天真爛漫な絵を生み出すのですね。これぞ、アートの原点!

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第68回
ディープに楽しむ二度目の台湾:新幹線で台中に日帰り旅行編

  • To Top