OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/126895/

地元のマダムで大人気のホテルランチ「京都ブライトンホテル」

小原誉子

小原誉子

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

記事一覧を見る

味にうるさい京都のマダムが、おしゃべりを楽しみながら、思う存分美味しい料理を味わう場所として根強い人気を誇っているのが、「京都ブライトンホテル」です。

「京都御苑」の西側に位置し、閑静な住宅地にあるため、ホテルのロビーも常にゆったりとした雰囲気が漂っています。

小原さん 外観

おすすめのランチは、吹き抜けのロビーに面した開放感あふれる「テラスレストラン フェリエ」の「オーダーメイドランチ(3400円 税込)」です。まず、テーブルに着くと、若鶏と和牛バラ肉の煮込みパイ包焼きやオーストラリア産海老のカダイフ揚げなど、5種類のメインの料理から好みの品を選びます。

小原さん ランチ

そこからが、このランチの醍醐味…レストランの一角にあるブッフェコーナーへ。そこには、十数種類の冷製オードブルと温製料理がずらり。肉や魚などの料理も多く、それだけでも十分メインになれるボリューム感。サラダやチーズ、デニッシュなど、その種類の多さに目移りしてしまいます。

小原さん ブッフェ

「ブッフェを食べ過ぎると、メイン料理が食べられなくなるわよ~」という、すでに何度も来たことがある京都生まれの友人。そのアドバイスは理解できても、目の前に並ぶ美味しそうな料理を見ると、ついお皿に次々に料理を盛ってしまいます。

 

テーブルにお皿いっぱいの料理を運び、「あ、スープ忘れた~」と再びブッフェコーナーへ。

「どうしよう。ビーフカレーやパスタもある~」と言いつつ、友人の運んだ料理を見ると、オードブルなどが盛られたもの以外に、すでに別の皿にカレーが。

 

飲み物は、ワインやソフトドリンクは別料金でオーダーできます。「今日は車だから…」とこの日は、お水だけで…。さすがしっかりものの京都マダムです。

 

「やっぱりホテルのシェフの味は、格別ね~」と言いながら、次々に味わう料理。ひと心地ついた頃に、タイミング良くメイン料理が運ばれます。

大きなお皿に品よく盛られた美しい料理…気分を新たに姿勢を正し頂くことに。香ばしいパイの中に、じっくり煮込んだ和牛と野菜。芳醇なソースが食欲をそそる美味しさです。

 

頂きながら、久しぶりにあった友人と近況報告のおしゃべりが続きます。周囲のテーブルにも同じようなマダムのグループやご高齢のご両親と共に和やかに過ごされる方々の姿が。観光に忙しい宿泊ゲストがいない昼間は、まさに地元の京都の人達がのんびりランチを楽しむ場所とも言えそうです。

 

 

 

次のページに続きます。

近年、京都の町中を中心に、新しいホテルが次々に登場していますが、ここ「京都ブライトンホテル」は、すでにオープンして30年ほど。さまざまな施設やゆったりとした客室の改装など、時代のニーズに合わせて行ってきました。そのため「京都に来たらここ…」と、このホテルを定宿にする人も多いのです。すでに親子三代で宿泊なさる方や、毎年、春の桜や秋の紅葉、そしてお正月など、ホテル企画のオプショナルツアーやさまざまなイベントを楽しみにご予約なさる方も大勢。まるで我が家にいるような寛いだ時を過ごされています。

小原さん 部屋

またここは、創業当時から、料理の美味しさでは定評があり、「京懐石 螢」は、美味しい朝食が味わえる場所として何度も雑誌などに登場しています。さらに夜は「街中の雑踏から離れて、静かに食事がしたい」とホテル内で過ごすゲストも多いのもこのホテルの特徴かもしれません。

 

「さぁ、もう1回、ブッフェ行きましょ!」と、おしゃべりで腹ごなしをした友人と共に、気になる料理を頂きに再び立ち上がります。

「どうしよう。ケーキも十種類くらいある…」デザートコーナーには、ひと口大にカットされたスイーツがまるで宝石箱の中のジュエリーのようにキラキラ輝いて、お腹いっぱいの人達を誘っています。まさに甘い誘惑…それに抗いきれず「デザートは別腹…」と、数種類のケーキをコーヒーと共にテーブルに。

小さいながらその姿の完成度の高いケーキ。口の中で、それぞれの美味しさが広がって、なんとも幸せな気分にうっとり。

小原さん デザート

「もうあかん~今夜は夕ご飯、食べられないわ~。ダンナは、適当に冷蔵庫のもので済ませてもらうわ~(笑い)」と友人。すでにここに来て2時間が過ぎていました。

 

「今度また来たら、あれ食べよう~」と帰り際、目がまだ料理に…。オードブルなどブッフェに並ぶお料理の内容や品数は、定期的に替わるのだそう。また、それも楽しみです。

 

観光客が次々にアクティブに観光名所を巡る京都。でもそこに暮らす地元のマダムたちは、そんな人たちを横目に、ゆったりとランチを楽しむ…ちょっと贅沢な時間を過ごしているのでした。

 

 

 

「京都ブライトンホテル」京都市上京区新町通中立売(御所西) 

☎075‐441‐4411

 

https://www.brightonhotels.co.jp/kyoto/

 

 

小原誉子ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」

http://blog.goo.ne.jp/mimoron/

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#近畿 #京都

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第49回/地元で愛される手づくりのわらび餅「京御菓子司 亀屋博永」…

次の記事>

次の記事>
第51回/関西で活躍する陶芸作家の作品が揃う「うつわの店 若葉屋」…

この連載の最新記事

おうちで楽しむ、京の味と物⑨京の植物模様の晴雨兼用傘 「椿ラボ京都」

第94回/おうちで楽しむ、京の味と物⑨京の植物模様の晴雨兼用傘 「椿ラボ京都」

おうちで楽しむ、京の味と物⑧京の夏の銘菓「オレンジゼリー」 「京都寺町 村上開新堂」

第93回/おうちで楽しむ、京の味と物⑧京の夏の銘菓「オレンジゼリー」 「京都寺町 村上開新堂」

おうちで楽しむ、京の味と物⑦明治期の西陣帯の文様をモダンなファッション雑貨に 「seisuke88 京都」

第92回/おうちで楽しむ、京の味と物⑦明治期の西陣帯の文様をモダンなファッション雑貨に 「seisuke88 京都」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル