大人も思いっきり笑おう! 大須演芸場で即興コメディを堪能

プロフィール写真

生まれも育ちも大阪という生粋の関西人ですが、結婚して名古屋在住に。昨年より、大学の研究室秘書として仕事を再開。美味しいものは、作るのも食べるのも大好き!「あれ美味しいよ~」と言われれば西へ東へ。子どもたちも独立したので、近場から、うんと遠くまで、興味をひかれたら心のままにおでかけします。

名古屋に嫁いではや25年。最初は右も左もわからなかった私ですが、今ではすっかり名古屋っこ(?)に。
そんな私が結構好きな場所が“大須”。

 

大須観音界隈には古くからの商店街があり、ここ数年でおしゃれなカフェなども増えましたが、昔ながらの、という形容がぴったりのお店も混在しており、どこかホッとする雰囲気があるのです。

 

東京でいうと秋葉原?大阪でいうと日本橋、みたいな感じでしょうか。
古着屋さんや雑貨ショップも多く、週末は若い人たちでいっぱい。

 

そんな大須の中に、これまたすごくレトロな雰囲気の“演芸場”があります。
それが大須演芸場。

 

1965年に開館し、なんと、あのビートたけしや明石家さんまもまだ駆け出しの頃に出演したこともあるそう。

 

2年ほど前に知人の会社の謝恩イベントで貸切興行が行われた際にご招待されて訪れ、その後は機会を作れず行けずじまい。

 

2015年にリニューアルされて綺麗になったと聞き、また行って見たいな〜と思っていたので、友人のお誘いに喜んで便乗させていただきました。

 

演芸場の入り口で開場を待つ人たちの列に並びながら、持ち込みのビールやおつまみ類を手に遠足気分でウキウキの私たち。
こういう劇場関係は飲食禁止のところが多いのですが、大須演芸場は持ち込み、飲食OKなんと今回はワイン2本も持参して、缶ビールも一人一缶ずつ(どれだけ飲むのか・・・)

やっと待ちにまった開場!
チケットを準備して、中に入場。

やっぱり館内も新しく塗り替えられ、とても綺麗になっていました。1階は映画館みたいな座席形状になっていて、すでに何回か訪れたことのある友人の勧めで今回は2階席へ。
2階席へは1階の上り口で履物を脱いで上がります。
階段状になってはいるものの、座席、はなく、赤の非毛氈が敷かれ、畳の上に座椅子、座布団、というような席で、これまた素敵。

2階の一番前の席に陣取り、早速、缶ビールで乾杯!
いよいよ始まる!というワクワク感でビールも一層美味しく感じます。

 

今回のライブは友人が贔屓にしている、“ロクディム”さん。
知る人ぞ知る、“即興芝居*即興コメディパフォーマンス”が売りの6人組のグループ。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top