OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/127055/

関西で活躍する陶芸作家の作品が揃う「うつわの店 若葉屋」

小原誉子

小原誉子

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

記事一覧を見る

 

京都の町中を東から西へと続く三条通は、昔からハイカラな店が連なり、京都を訪れる人の町歩きにはおすすめの通り。歩くごとに、時代の流れを感じさせる景色が現れ、飽きることがありません。そんな三条通を西に進み烏丸通を越え、西洞院通を過ぎてすぐのところに、昨年オープンした「うつわの店 若葉屋」があります。

この店は、以前は京都で100年続く「若葉屋化粧品店」で、店主の高山尚希さんは、その4代目にあたります。昔は、商店街があったというこの辺りですが、今は、当時の店のほとんどは代替わりし、店を閉じたり、マンションになったりと、ずいぶん様変わりしました。

 

そのような状況のなか化粧品店を閉じ、新たな店をオープンするきっかけになったのは、高山さんのおじ様の陶芸家、高山正道さんの作品でした。

(高山正道さんの作品)

 

開店当時は、化粧品店の一角に以前から並んでいたそれらの作品を、全面的に展開する器の店だった「うつわの店 若葉屋」。1年半の間に、奥様の真希子さんと共に、陶芸市や作品展などに足を運び、さまざまな陶芸作家さんとの付き合いを広げ、今や20人ほどの作品が店に並び、企画展なども開催するまでに。

「若葉屋」という屋号をそのままに、生まれ育った場所で新たなスタートを切ったのは、先代たちが100年守り続けた店への感謝と思慕に他なりません。器を並べる什器も、昔から店にあったものを再利用。歴史が刻まれた木製の棚に、若手陶芸家たちの作品が見事に調和しています。

 

次ページに続きます。

 「叔父の作品は、料理を引き立てる器で、和洋中どんな料理にもマッチする、温かさとやさしさを備えている、使いやすいものばかりです」と高山さん。ほかの作家の器も、その思いに沿うように、現代の食卓と料理に似合う姿をしています。

 

(見野大介さんの作品)

 

関西で活躍する多くの陶芸家は、京都伝統工芸専門学校や京都府立陶工高等技術専門校で学び、技を磨いた人たちで、職人としての確かな腕を持っています。吉井史郎さん、長元宏さん、見野大介さん、松本郁美さん、川戸圭介さんなど、この店に出品するベテランおよび若手の陶芸作家の多くも、そこで学んだ人たちで、いずれの器も丹精なフォルムで、職人の技と作家としての美意識を感じさせるものばかりです。

(松本郁美さんの作品)

 

(川戸圭介さんの作品)

 

 

「ここに来るのは京都の旅の楽しみです」という常連さんも増えているそう。

 

訪れては、お気に入りの器をひとつ…。錦市場などで求めた京の味を盛れば、旅の楽しさが食卓に蘇ってきます。器好きには、ぜひおすすめのお店です。

 

 

うつわの店 若葉屋

京都市中京区三条通西洞院西入ル塩屋町53 ☎075‐221‐0467

営業時間10:00~19:00 水曜休み

 

http://wakabayakyoto.com/

 

 

小原誉子ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」

http://blog.goo.ne.jp/mimoron/


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第50回/地元のマダムで大人気のホテルランチ「京都ブライトンホテル」…

次の記事>

次の記事>
第52回/新しい感覚の京都の伝統工芸品が揃う「京都紅谷 神宮堂」…

この連載の最新記事

下鴨の住宅地にある人気の洋食店「洋食とワインのお店 浅井食堂」

第82回/下鴨の住宅地にある人気の洋食店「洋食とワインのお店 浅井食堂」

多くのファンをもつパティシエールの、大人気「りんごのタルト」や焼き菓子 「焼き菓子工房 コレット」

第81回/多くのファンをもつパティシエールの、大人気「りんごのタルト」や焼き菓子 「焼き菓子工房 コレット」

嵐山に誕生した「福田美術館」。初公開を含む、京都ゆかりの貴重な作品が多数!

第80回/嵐山に誕生した「福田美術館」。初公開を含む、京都ゆかりの貴重な作品が多数!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル