年末のお楽しみ 浅草詣で新年の準備

プロフィール写真

東京浅草から雪深い新潟県魚沼の旅館に嫁いで早25年。女将という仕事柄、壮大なおでかけには縁がありませんが、地元ならではのコアな情報をお届けします。

12月は毎年実家詣でと仲間の忘年会で
’浅草2泊3日の旅’をする楽しみな月です。

 

ところがところが、
さぁ出かけましょう!というまさにその瞬間、
あら?なんだか熱があるような。。。。

と測ってみたら、たったの数分の間に熱がどんどん上がってしまった。
おりしも、魚沼市はインフルエンザの警報が出ている時期だったのです。
まさかのインフルエンザ発症で、
この大きなお楽しみはすべてご破算となり、
12月半分をなんとも悲しい状況で過ごしてしまいました。

 

オトナになると、高熱からの復帰は時間がかかることを改めて感じました。
みなさんもどうかお気を付けくださいね。

 

そして、
先日、めでたくリベンジしてきました!
とても気分転換になる大事な1泊となりました。

 

宿のお正月の設えにするために、
干支の手ぬぐいを買い行くというのが、
大きな目的のひとつでもあります。

 

向かった先は浅草の超有名手拭い屋さん、
染絵てぬぐい ふじ屋

来年の干支は戌。
お店の入り口には狛犬の手拭いです。
やっぱり左右2枚で一組なんですね。

このようにてぬぐいは専用の額に入れて飾ります。
最初見たときは、絵かな?と思うのですが、
じーっと見ていると、手ぬぐいだ!と気が付く。
絵を飾るよりも趣深く感じられます。
早速私も宿の玄関に飾りました。

歌舞伎の中村屋さんもこのお店のご贔屓さんです。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top