大阪の食の宝庫「黒門市場」と名物たまごサンド

プロフィール写真

大阪在住18年。東京で結婚後、夫の転勤を機に大阪へ。病院勤務で介助の仕事をしています。料理するのも、食べる事も大好きで、調理師免許も取得。史跡、遺跡、神社仏閣巡りが趣味で、御朱印も集めています。子供たちの手が離れたので、自分の時間を楽しんでいます。

以前おでかけブログで、韓国食材が所狭しと並ぶ鶴橋商店街をご紹介しましたが、今回は大阪市内では最も大きな「黒門市場」に行ってきました。

大阪観光の主要エリアのミナミの真ん中にあり、
各線難波駅から歩いても10分。または市営地下鉄千日前線の日本橋(大阪では”にっぽんばし”)10番出口を降りてすぐのところにあります。

 

黒門市場は江戸時代後期から、大阪の食の台所とされ、くいだおれの街大阪の食文化を支えてきた市場で、毎日新鮮な、野菜、魚介類やお肉類などを扱うお店が100店舗以上並んでいます。

 

大阪の老舗料亭の板前さんも毎日欠かさず買い付けに来るほど。ええもん、安いもんがぎょうさん(たくさん)売っています。最近では、外国人の方が目立ち、観光スポットとしても注目を浴びているようです。
アーケード街にもなっているが嬉しいポイント。雨の日の観光スポットとしても良いかもしれませんね。

 

食べ歩きができるので、お腹を空かせて行きましょう♪

市場って歩いてるだけでも楽しいですよね〜!
お野菜も種類も豊富に揃ってます。

 

今年は秋の天候不良でお野菜も高め。
さすがの黒門市場でも少し値段は高めのようです。

果物屋さんでカットされたフルーツが売っているので、お店の前でも食べる事ができます。

みずみずしいフルーツは少し安値なので、思わず手が伸びそう…

そして何といっても黒門といえば、鮮魚。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top