仁和寺と御室派の寺からやってきた秘宝と秘仏がすごい

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

今回は、1月16日から開催中(~3月11日まで)、東京国立博物館 平成館で開催中の特別展「仁和寺(にんなじ)と御室派(おむろは)のみほとけ─天平と真言密教の名宝─」のご案内です。寺社好きや仏像ファンの間では、ずいぶん前から話題になっていた待望の展覧会。はじまってから少したちますが、「もう行った?」、「すごかったね」という話でもちきりです。

この展覧会のどこがそんなにすごいのか。

まずは、仁和寺が皇室ゆかりの特別な寺で、歴代天皇の真筆を含む貴重な書を大量に保有しており、今回、その中でも特に貴重なものが公開されるということです。実際にお寺に行っても、これほどたくさんのものを拝見するのは不可能でしょう。

書の中でも一番の見どころは、弘法大師・空海ゆかりの名宝、国宝「三十帖冊子」(仁和寺蔵)。空海が中国で書写して持ち帰り、真言密教の秘書として伝わっているものです。つまり、空海の真筆ということです<一部は別の人物の書も含まれています>。書道史上、もっとも貴重な作品です。全帖の展示は1月28日で終了しましたが、2月14日からは、空海の真筆部分を選りすぐり2帖づつ展示し、この三十帖冊子を納める箱国宝「宝相華迦陵頻伽蒔絵冊子箱(ほうそうげかりょうびんがまきえさっしはこ)」も展示されます。

曼荼羅など仏画も数多く展示されます。中でも目を引くのは、国宝「孔雀明王像」<仁和寺蔵、展示は2月12日まで>です。文字通り孔雀に乗った明王の像で、中国の北宋時代(10~11世紀)に制作されて日本に伝来した貴重なものです。こちらは、天皇の病気平癒や皇子の誕生を祈願するための「孔雀経法」という儀式の本尊として祀られたものです。

この展覧会のすごい点の二番目は、普段は一般公開されていない仁和寺の観音堂が、そこに安置される三十三体の仏像とともに完全に再現されていることです。壁画は実物ではなく、高精彩の画像ですが、見事なリアルさで、本当にお堂の中にいるかのようです。

三十三体の仏像は、本尊の「千手観音菩薩立像」を中心として、その脇侍の「降三世明王立像(ごうざんぜみょうおうりゅうぞう)」、「不動明王立像」、「風神・雷神立像」。千手観音の眷属(けんぞく)<=手下>である「二十八部衆立像」です。仁和寺は平安時代の創建ですが、応仁の乱などで焼失し、現在ある建物は、多くが江戸時代の再建です。この観音堂やそこに祀られる三十三体の仏像も江戸時代の作ですが、古い時代の形式を踏襲する素晴らしい像ばかりです。このコーナーだけは、一般観覧者も写真撮影可能なので、気に入った像の写真をたくさん撮りたいですね。

わたしはこの、ユーモラスな風神雷神の像が好きです。

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第69回
仁和寺と御室派の寺からやってきた秘宝と秘仏がすごい

  • To Top