この時期ならではの 牡蠣食べ放題を堪能☆くいしんぼう欲張り伊勢日帰り旅

プロフィール写真

生まれも育ちも大阪という生粋の関西人ですが、結婚して名古屋在住に。昨年より、大学の研究室秘書として仕事を再開。美味しいものは、作るのも食べるのも大好き!「あれ美味しいよ~」と言われれば西へ東へ。子どもたちも独立したので、近場から、うんと遠くまで、興味をひかれたら心のままにおでかけします。

昨年、友人のグループにお誘いを受けてお伊勢さん(伊勢神宮)に初詣をしてから、あの独特の雰囲気に魅せられ、今年もちゃっかり、友人グループのお誘いに便乗し、伊勢神宮&牡蠣食べ放題日帰り旅!を堪能してまいりました。(お参りのあとの食べ放題にひかれているというのも否めないですが。)(笑)

 

今回は、干支のありがたい置物引換券(毎年ついているみたいです☆)つきの近鉄の伊勢参拝記念切符、なるものを事前購入し、近鉄特急にて名古屋駅を出発!

座席が回転できるゆったりシートを4人で向かい合わせにして、旅気分がぐんぐんアップ↑。おしゃべりしているうちにあっという間に目的地に到着。

去年は内宮を参拝したのですが、今年は外宮を参拝。
実は外宮をお参りするのは初めて。去年までは電車でお伊勢さんに来たことがなかったので、今年で2回目。特に外宮は初めてなので、駅からの道もとても新鮮でした。
おしゃれなカフェやお土産物屋さんなどもたくさん。

後ろ髪を引かれつつ、予定がびっしりなので、寄り道したい気持ちを抑え、車で向かっている2グループと待ち合わせ場所の外宮の鳥居前で集合。去年もお世話になったボランティアでガイドをしてくださる方とも無事再会。

いよいよお参りです。
普段は神宮の中でお仕事をされているガイドの方が本当に色々なことをご存知で、参道の歩き方や、手水の仕方、伊勢の神宮の由来などもとてもわかりやすく、楽しく説明してくださるので、みんな、感心することしきり。
自分たちだけではわからなかった、外宮内の隠れ観光スポットなども教えて
いただけ、(ハート型の石がある場所!とか)大満足。

そして、昨年に引き続き、“御垣内参拝”もさせていただきました。
御垣内参拝、って耳慣れない言葉ですよね。実は私も昨年の初詣で初めて知りました。
御垣内参拝とは、正式参拝、または特別参拝と呼ばれていて、一般参拝では入れない、御正殿に近い場所で参拝できる特別な参拝のことを指します。

 

普段の参拝では入れない板垣南御門から入り、南宿衛屋で参宮章を提示し、代表者が名前と住所などを記入し、受付をします。その後の神職の方の案内で外玉垣南御門を入り、特別参拝します。

 

正式参拝ですので、服装は男性はスーツにネクタイ着用、女性もそれに準ずる正装(黒や紺など華美でなく、つつましやかな服装で参ります。

神職さんによっては、かなり厳しい場合もあり、あまりにもそぐわない服装だと参拝をさせていただけないこともあるようです。
昨年は、デニムとスニーカーのすごくカジュアルな服装の男性がいて、丁重に
お断りされていたのを実際に目撃しました(!)

 

当日は前日に雪が降ったくらい寒い日だったのですが、参拝時には南宿衛屋にコートなどは脱いでおいて参拝することになるので、かなり寒いだろうなと覚悟をしていたのですが、お参りしている間はなぜか寒さを全く感じませんでした。

 

伊勢の正宮でお参りをするときは、私利私欲は願わず、もっと大きな、例えば世界平和などを願うのが正しいと教わりましたが、実際は、頭の中が真っ白で、何かを願う、というよりは、無の境地、という感じでした;

清々しい気持ちで参拝を終え、今年も一年、決意新たに精進しよう!と誓いました!

 

 

さてさて、次はお待ちかねの“牡蠣食べ放題!”

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top