挽きたての抹茶を味わう心癒される体験「皐盧庵茶舗(こうろあんちゃほ)」

プロフィール写真

「京都観光おもてなし大使」&旅ライター
アナウンサー、テレビ番組プロデューサーなどを経て、集英社「エクラ」などのライターに。
2011年より京都に在住。
京都など、日本の文化・観光情報を伝える
人気ブログ「ネコのミモロのJAPAN TRAVEL」を
毎日更新中

茶道をする人にとって、憧れの「大徳寺」。千利休とも縁の深い寺院です。その敷地内にある「皐盧庵茶舗(こうろあんちゃほ)」は、日本茶の魅力を京都らしい雰囲気の中で味わえる場所。店主である神田靖明さんは、茶の産地、宇治田原の自家茶園で茶葉を栽培すると共に、日本茶の素晴らしさを広く伝えたいという思いから、この茶舗を開かれました。

ここでは、お茶の販売、喫茶だけでなく、抹茶製造体験、抹茶挽き体験、茶かぶき、日本茶講座、茶道体験など、お茶に親しむさまざまな体験プログラムが用意されています。参加者は、若い女性だけでなく、茶道の経験者、海外からのゲストなど幅広く、それぞれが思い思いにお茶との時間を楽しまれているそう。そこで予約して、所要時間90分、参加費2600円の「抹茶挽き体験」に参加することに。

暖簾をくぐり、店内に一歩入ると、香ばしい茶のかおりに包まれます。玄関脇の趣ある座敷には、すでに歴史を感じさせる石臼の用意がされていました。

さっそく体験の始まりです。まずは、神田さんがお手本を…。「ゆっくりと反時計回りに臼の柄を動かしてください。それだけです…ではやってみてくださいね…」と言い退室。茶室にひとり残され、ひたすら石臼を回します。想像以上に重い石臼。神田さんのように滑らかに一定のスピードで動かすことができません。しかも、臼の中央部に積まれた茶葉は、なかなか減ってゆきません。しだいに痛くなる背中と腰…それでもわずかながら減り始めた臼の上の茶葉を見つめつつ黙々と臼を回します。

静寂の中、微かに臼の動く音が聞こえます。昔、抹茶は、このように人の手で丁寧に挽かれていたそう。今は、機械がそれに代わり、多くの市販の抹茶は機械で挽かれたもの。昔ながらの抹茶挽き…かつては特別な茶席などでは、主人が行っていたことも。なんとも心のこもったおもてなしです。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第54回
挽きたての抹茶を味わう心癒される体験「皐盧庵茶舗(こうろあんちゃほ)」

  • To Top