感動と熱狂の平昌オリンピック 男子フィギュア弾丸ツアー

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

わたしは寺社旅研究家と名のるよりはるか以前からフィギュアスケートの大ファン。念願叶い、ついに平昌オリンピック、男子フィギュアを現地で観戦することができました。興奮さめやらぬうちに、皆さまにレポートをお届けしたいと思います。

 

羽生結弦選手、宇野昌磨選手がメダルを取る可能性が高い。その上、開催国韓国がお隣とあって、フィギュアファンなら誰しも、「現地に行きたい!」と願ったことでしょう。しかし、いくつかの政治的な懸念もあり、かつ、チケットを入手するには競争率の高い抽選もあって、思いのほかハードルが高かった生観戦。わたしは男子シングルだけを観戦する弾丸ツアーに申し込み、ラッキーにも抽選を突破することができました。

出発1か月ほど前に、このチケットが送られてきました。

観客席が映ることも多いオリンピック中継に備えて、こんな帽子も手作りしました。これでスタンバイオッケーです。

 

旅程は2泊3日。ソウルに宿泊し、会場のある江陵(カンヌン)まで、バスで往復します。往復6~7時間。なかなかハードです。

まずは、応援する体力をつけるために、明洞の「景福宮(キョンボックン)」というお店で焼肉屋三昧。韓国のこうしたお店では、お肉を頼むと、キムチやその他いくつかのおかずが無料でついてきます。大好きなケジャンもあって、嬉しかった。

 

深夜3時半にホテルのロビーに集合し、一路、江陵へ。渋滞の可能性も考えて、余裕ある出発でしたが、早めに着きました。会場付近には一般車は入れないので、駐車場からシャトルに乗り換え、江陵アイスアリーナへ。こちらでは、昨年の同じ時期に「四大陸選手権」が行われ、それも生観戦しました。建物自体は同じでも、周辺の様子は大きく変わり、オリンピックらしい華やかな雰囲気になっています。

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第70回
感動と熱狂の平昌オリンピック 男子フィギュア弾丸ツアー

  • To Top