華麗なるスペイン王室の雰囲気を味わいながら、傑作絵画を鑑賞する

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

今回は、現在、国立西洋美術館で開催中の『プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光』をご紹介します。会期が5月27日(日)までと長いので、あたたかくなったら、お花見がてら行くのもお勧めです。

吉田さん プラド美術館展 看板

スペインのマドリードにあるプラド美術館は、スペイン王室によって収集された絵画を中心に、1819年に王立の美術館として開設されました。数ある収集品の中でも、もっとも有名なのはディエゴ・ベラスケス。今回の展覧会では、そのベラスケスの傑作が7点展示されます。日本で、これだけの数のベラスケスの作品が同時に展示されるのは、これがはじめてとのことです。

吉田さん プラド美術館展 肖像画たち

この展覧会では、それ以外にも、リベーラ、ムリーリョなど17世紀のスペイン人大画家による作品及び、ティツィアーノやルーベンスなど、スペイン以外の国の大家の作品も多数展示されます。歴代のスペイン国王が絵画を愛して名品を収集したため、当時のスペインの王宮は、まるで美術サロンのような雰囲気だったようです。ベラスケスは、とりわけ美術品収集に熱心だったフェリペ4世の手厚い庇護を受け、国内外の画家の傑作にも触発されながら、宮廷画家として大成したのでした。

 

7つのベラスケスの作品の中でも、もっともよく知られているのは、このかわいらしい王子様の像でしょう。

吉田さん 王太子バルタサール

ディエゴ・ベラスケス

「王太子バルタサール・カルロス騎馬像」1635年ごろ

 

 

国王のフェリペ4世と、フランスのブルボン王朝から嫁いだ王妃イザベルとの間に生まれた美しい王子様は、王族の期待の星だったようです。まだ小さいのに、馬を見事に乗りこなし、ポーズもばっちり決まっていますね。縦が2m以上もある大きな絵で、前に立つと、馬が飛び出してくるのではないかと思えるほど立体的に描かれています。しかし、残念ながら、この王子様は17歳の誕生日を前に病気で亡くなりました。

 

こちらは、そのバルタサール王子のお父さんで、ベラスケスを庇護したフェリペ4世です。

吉田さん フェリペ4世

ディエゴ・ベラスケス

「狩猟服姿のフェリペ4世」1632~34年

 

 

政治手腕と同様に狩猟の腕前も優れた有能な王様だったそうですが、この絵を見る限り、近寄りがたいほどの威厳は感じられず、容姿端麗とまでは言えない平凡な顔立ちのように思われます。ベラスケスは、王様であっても理想化せず、現実をありのままに描く画家だったようです。こういう肖像画を容認してしまう王様の方も、ずいぶんと懐の深い人だったのかも知れません。

 

 

 

次のページも引き続きベラスケスの傑作をご紹介。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第71回
華麗なるスペイン王室の雰囲気を味わいながら、傑作絵画を鑑賞する

  • To Top