のどかな信楽の里で、陶人形の工房を見学

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

今回は、焼き物の町、信楽にある陶人形の工房をご紹介しましょう。

信楽は、滋賀県南部の甲賀市というところにあります。

JR草津線の貴生川駅から信楽高原鉄道に乗り換えて30分ほど。

古くから、信楽焼を象徴するキャラクターとして人気のたぬき像に出迎えられます。

駅前にある巨大たぬき像は、公衆電話の台も兼ねています。

町にたくさんある陶器の工房や販売所は、どこもたぬきだらけ。

こちら、「信楽 澤善幸せ創造館」は「遊ぶ、食べる、買う、泊まる」を一度にできる施設として人気です。

 

信楽焼きは、中世から現代に至るまで生産が続いている日本六古窯のひとつで、古くは茶陶として文化人に愛されてきました。江戸時代になると生活雑器の大量生産も行われ、大きな発展を遂げました。たぬきの置物は明治時代から作られるようになり、昭和26年、昭和天皇の行幸の際、歓迎の意を表すために沿道に並べたことで、全国的に有名になったと言われています。

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第72回
のどかな信楽の里で、陶人形の工房を見学

  • To Top