琵琶湖の美味を楽しみながら 、白亜の客船でクルージング

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは。寺社部長の吉田さらさです。

今回は、先日参加した、「琵琶湖八珍の悦び」というイベントクルーズのルポをお届けします。

琵琶湖に浮かぶ美しい客船「ビアンカ」に乗って、滋賀県の食文化についてのレクチャーを受け、「琵琶湖八珍」と呼ばれる珍しい魚介類を使った料理をいただくプチクルーズです。

琵琶湖八珍とは、琵琶湖の特徴的な魚介類である、ビワマス、ニゴロブナ、ホンモロコ、イサザ、ウロリ(ゴリ)、コアユ、スジエビ、ハスの計8種の総称です。平成25年、滋賀県立安土城考古博物館が、来場者へのアンケートを基に、供給量なども考慮して選定しました。食べたことがないもの、名前すら聞いたことがないものなどもあり、興味津々です。

まずは、元安土城考古博物館の副館長で、琵琶湖八珍の提案者の大沼芳幸先生による詳しいレクチャーがあります。他の地方では、ウナギやアユ以外の淡水魚を口にする機会は少ないものですが、この地方の人々は、古くから、さまざまな漁法で手に入れた琵琶湖の魚介類をいろいろな形に調理し、豊かな食文化を築いてきました。その代表例が下の写真のフナズシです。

しかし近年では、水質の悪化や外来魚の増加などによって環境が変化し、魚介類の供給量が減ってきました。琵琶湖八珍選定の目的のひとつは、古くから伝わるこの地方の独特の食文化を絶やさず、未来につなげていくことです。

大沼先生は、食文化に詳しいだけでなく、お酒を飲みながら琵琶湖八珍を食べるのもお好きなようで、美味しそうな料理の写真とともに、興味深いお話をたくさんしてくださいました。

特に、ヒウオ(八珍のひとつのコアユの稚魚)が大好きで、どんぶりいっぱいの釜揚げを食べるのが夢だったとのこと。実際に召しあがっているこんな楽しい写真も見せてくださいました。琵琶湖八珍を愛する心が伝わって来ますね。

 

お勉強が終わったら、いよいよ食事タイムです。

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第73回
琵琶湖の美味を楽しみながら 、白亜の客船でクルージング

  • To Top