スペシャリティコーヒーを千葉・東金の「自家焙煎珈琲 DECO」で学びます!

プロフィール写真

神奈川県在住。トレッキングやスパ巡り、スクールに通うこと、カメラが好きで、趣味の写真をメインに美味しいものや綺麗な場所を発信していきたいです。介護福祉士、ケアマネージャーとしてお仕事の傍ら、福祉美容師、メイクセラピ ストアドバイザーとしても活動しています。

母が日常的に珈琲を飲んでいた影響で、小学生の頃からお茶代わりにブラックコーヒーを飲んでいた私は、現在もかなりの珈琲好きです。寿司でもエビチリでも珈琲を飲まないと食事を終わりに出来ない体質になってしまいました。

そんな私ですが、どれだけコーヒーに詳しいのかと聞かれると全く詳しくなく、そろそろ大人として「美味しいコーヒー」とはどういうものかなのかを知らなくては恥ずかしい。

 

最近よく耳にする「スペシャリティコーヒー」とはどんなものなのか。

その道の、スペシャリストに学びたい!

ということで、今回教えていただいたのは

千葉県、東金駅の真ん前にあるスペシャリティコーヒーを扱う

「DECO自家焙煎珈琲」の大森さん

エチオピアまで足を運び、数々の賞も取られ、珈琲への愛情とこだわりが半端ない。まさに職人!

 

 

ということで

本当に美味しい珈琲を学ぶためだけのために、DECOさんに行きたくて、横浜から東金市まで行ってまいりました。

 

 

スペシャリティコーヒーとは、ひとことで言うと

「高品質で個性的で味わいのあるコーヒー」

大変な審査があってなんと、コーヒー全体のわずか10パーセントしか名乗ることの出来ないコーヒーのことを言うのです!

ということを教えていただきました(笑)

まさにコーヒー界の超エリート達!

高価な豆=スペシャリティでは無いんですね。

まずは、これからスペシャリティコーヒーとなる、生のコーヒー豆を見せていただきました。

生の豆つて青臭くて、コーヒーの香りは全くしないんですね。あの豊潤な香りになるとは信じられない。

ん・・・

何やらカウンターの奥でいい香りがする…

除いてみるとコーヒー抽出の真っ最中でした。

そこで、ちょっと疑問に思ったので聞いてみました。

みなさん気づきましたか?

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top