以前からうわさを聞いていた新潟の割烹渡辺、料理のレベルに感動!

プロフィール写真

東京浅草から雪深い新潟県魚沼の旅館に嫁いで早25年。女将という仕事柄、壮大なおでかけには縁がありませんが、地元ならではのコアな情報をお届けします。

GWはがっつり頑張った、宿屋の女将です。

 

私が嫁に来た時代は(ほんの30年前ですが)
宿屋には定休日はありませんでした。
それまで会社勤めをしてきたので、
これじゃ旅行とか行けないじゃん!って、かなりショックでしたねー。

でも、だんだん変化してきました。
今では行きたいところに行く、会いたい人に会う、やりたいことをやる!
とても全部が叶うわけではありませんが、
定期的に休みを入れて、一息入れられるようになりました。
これもまた時代ですね。

 

さて、GWは10日間休みなし。
その前にぽかっと空いた2日間! 出かけましたー!

 

その日は朝から大忙しの日でした。
魚沼市から新幹線で40分。まずは県庁所在地の新潟市へ。
午前中は新潟女将の会の幹事会へ出席。午後はマーケティングセミナーに参加。
それから主人と合流して、まずは1泊朝食付きで宿泊予定の宿へチェックインです。

 

岩室温泉 木のぬくもりの宿 濱松屋

こちらのお宿は1000坪の敷地にお部屋はたったの5室!
近年改装されたとはいえ、その歴史はなんと江戸時代から続いています。
樹齢300年以上の大杉が贅沢に使われた建物は
なんとも言えない趣があります。
それでいて、ロビーの趣は超モダン。

ゆっくりと味わうのは朝にとっておくとして、
到着早々に、タクシーを頼んで、
お隣の弥彦村へ吹っ飛ばして15分。
本日の目的地、割烹渡辺に到着です!

以前からうわさを聞いていたこのお店。旧巻町、というところにあります。
私がこんなこと言うのは生意気ですが……

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top