OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/139406/

昼夜の寒暖差が激しい春の福岡では、軽いローブが大活躍でした。

小林一美

小林一美

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

記事一覧を見る

皆さん、こんにちは。
前回のブログで、次回は春らしいお出かけのご報告を・・・と、
書いておきながら、初夏の陽気になってしまい、ご無沙汰してしまいました。
とはいうものの、春に伺った福岡がとても気持ちよかったので、
少し前の出来事になりますがブログにまとめさせていただきます。

 

福岡には一泊二日の出張で伺いました。
1日目は完全な仕事でしたが、美味しいゴハンのご紹介を。
まずランチに伺ったのが、薬院にあるイル・ソル・レバンテ。

小林さん イルソル

本場のナポリピッツァとして認定された看板のあるお店。
入口ドアの右側にその看板があります。
福岡に来たら、東京であまり食さないものを・・・と思いがちですが、
ここのピザは、たまに食べたくなるんです。今回も大満足。

小林さん ピッツァ

仕事の合間にお茶に立ち寄ったのが、パッパライライ
お腹がいっぱいだったので、デザートを頂けなかったのですが、
ランチもデザートも美味しいお店で、大人気です。

小林さん パッパライライ

 

夜は、昔からお世話になっている会社の社長ご夫妻に天ぷらをご馳走になりました。
市街から少し離れたところにあるお店・たけうち。

小林さん たけうち

夏日のようなお天気でしたが、夜は肌寒かったので、軽いローブが大活躍でした。

小林さん スタイリング1

ローブとワンピースは、Le pivotで、パンツはマザーというブランドです。
黒のロープベルトはドリス・ヴァン・ノッテンで、スニーカーはイタリアの
ジョージジェイラヴ。白いバッグはドラゴン。着替えを入れたグレーのバッグはパタゴニア。
出張や荷物の多い移動の時は、アウトドアブランドのバッグを持つことが多いです。
やっぱり軽くて機能的です。すぐ取り出したいお財布などを入れるものと分けて、バッグは2つ持ち。

小林さん スタイリング2

ローブを脱いで薄手のカーデ1枚でも、昼間は丁度良い気候でした。

小林さん スタイリング3

 

 

 

2日目は糸島市の産直市場へ。

2日目の朝、波多江という駅に着き、お目当ての伊都菜彩(いとさいさい)という
糸島市の産直市場に行きました。福岡に住む友人のお勧めでやってきました。

小林さん 波多野&花

小林さん 伊都菜彩2

何もかもが新鮮で、夢中でのぞき込んだり・・・

小林さん 筍修正

トマトだけでも生産者別なので、悩む・・・。

小林さん トマト修正

手持ちで持って帰るものと、送るものに分けて、良いお買い物が出来ました。

友人おススメのレディアという糸島産の苺は、あまり全国に流通してませんが、とても美味しかったです。

来年になりますが、機会があったら是非ご賞味ください。

小林さん 食材

 

朝早くから行動していたので、お昼までにまだ時間があり、
福岡城を散策しながらランチに向かうことに。

小林さん 散策

丁度八重桜が後半の時季でした。
満開の桜の景色も好きですが、私は散り際の桜に感慨深いものを感じます。
歴史が好きなこともあって、散り際の潔さが、なんとなく武士を連想してしまうんです。

小林さん 桜

さて、ランチはお寿司を頂きました。3回目の訪問です。
お店の方針で、残念ながらご紹介出来ないのですが、素敵な時間となりました。

 

仕事とプライベートな時間のハーフ・ハーフの旅は、とても良いものです。
出張で海外に行く時もそうですが、仕事のみではなくて、リラックスした時間の中に色々なヒントがあったり、
少し足を伸ばしてみた時、一見仕事と関係ないような場所で得たものが、後になって大きかったなぁと思うことがよくあります。
それは、私の仕事が企画ということもありますが、今回も自然の色や空気に触れ、
生産者の方を間接的に知り、変わらずに丁寧な食を提供されている方達の美味しいゴハンを頂いて、
まだまだだなぁと思ったり、頑張ろうと思えたり、やっぱりお出かけは良いものですね。

 

 

 

次は今年の冬から春にかけてのスタイリングをご紹介。


そして前回のブログから間が空いてしまったので、その間の季節の移り変わりのスタイリングを。
冬も終わり、黒くなり過ぎないように、アウターを白っぽくしたり・・・。

小林さん 白黒

春の初めはピンクをよく着ていました。
お食事会に行った時のピンクスタイル。

小林さん ピンクスタイル

春の歌舞伎鑑賞

小林さん 歌舞伎2

こうしてみると、最近はスニーカーばかり履いていて、いっぱい歩けて癖になっています。

 

最後に福岡からの帰り便での1枚。
来て良かったなぁと、改めて感じた景色。
これから夏に向けて、皆さんも良い旅が出来るといいですね。

小林さん 飛行機

 

 

Le pivot公式サイト

http://lepivot.jp/

blog

http://blog.lepivot.jp/

Instagram

https://www.instagram.com/lepivot.jp/

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#九州 #福岡

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第29回/インフル明けで神田明神へ初詣。ウール素材中心の防寒ファッションで。…

次の記事>

次の記事>
第31回/鎌倉へサングラスとハットで陽射し対策をしてお出かけ。並ぶのが苦手な私がお茶をした穴場のお店は……

この連載の最新記事

夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

第43回/夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

第42回/久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

第41回/9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル