20年ぶりのバンコク! 念願のウィークエンドマーケットへ

プロフィール写真

和歌山生まれ、西日本アチコチ育ち。結婚後~広島県在住。ガーデニング系の資格を多数所持。好きなことには猪突猛進。現在、毎日のウォーキングから発展して、各地名山の登頂をもくろみ中。地の利を活かして瀬戸内中心にお出かけ情報をお届け予定。

インドから帰国してる、とも乃です。
インドから帰国前に、バンコクに寄って帰ってきました。

 

私にとっては、なんと20年ぶりのバンコク!!!

 

20年前のタイは、まだまだ素朴さの残る雰囲気で、ビルの合間にも露店がたくさんあるイメージでした。
しかし、昨年あたりから政策により、露店が極端に減り、いくつかのナイトマーケット等に結集されたと聞きました。
そんなナイトマーケットのひとつ「タラートロットファイ・ラチャダー」に、着いた早々行ってみました。

「タラートロットファイ・ラチャダー」のマーケットは、お店がたくさんありすぎて、目が回りそうでした。
日本で見たことないような食べ物屋台が多数。
例えば、虫の料理の屋台もありました。

適当に料理をテイクアウトし、露店barで格安ビールと共に楽しめます。
ワタクシ、俗にいう「オヤジ」のように、1人呑み、しておりました。
バンコクは、日本人もたくさん旅行に来ているので、関西からきていた親子とその場で仲よくなり、楽しく酒盛り。

 

そして、ちょうど行った日が、週末だったので、翌日は有名なウィークエンドマーケットへも行ってきました。
ドリトリーで同室だった、スペイン人の女性(こちらも一人旅)に、ウィークエンドマーケットへ行ったら、絶対パエリアを食べろ、と言われたので、目的はソレ!!!
場所をおしえてもらったのですが、通りを歩いていたら、すぐわかりました。
この自身がキャラクターのようなオジサマが目印。

この大きな鍋で作られるパエリアは本場バルセロナに住んでる方が勧めるだけあって、美味しかったです。バンコクに行ったら、ウィークエンドマーケットは是非行ってみてほしい場所です。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top