ニュージーランド旅 南島編その1 テカポとマウントクックで大自然を満喫

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

ニュージーランド旅南島編その1

テカポとマウントクックで大自然を満喫

 

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

今回は、ニュージーランド旅の情報をお届けします。

星空、自然観察、絶景、鉄道、街歩き。さまざまな魅力がたくさん詰まった内容の濃い旅だったので、「南島編その1」「南島編その2」「南島編その3」「北島編」の4回に分けてレポートしますね。

まずは簡単な旅の基礎知識から。

わたしが旅したのは、今年の1月。季節は日本と反対なので夏でした。

でも、南島の山間部などはけっこう涼しく、薄手のダウンなど、軽い防寒具が役立ちました。これからニュージーランドは冬になりますので、防寒対策はより必要となります。また、全般に天候や気温が変わりやすく、「一日に四季がある」と言われるほどです。雨も多いので、朝晴れていても、折りたためるウィンブレーカーやレインコートを携帯しましょう。

 

通貨はニュージーランドドルです。、物価は高め。ドライブインで売っているチョコレートなど、おおよそ日本の1.5~2倍くらいと感じました。お買い物でお勧めなのは、メリノウールのセーターや小物、マヌカハニーに代表されるハチミツです。どちらも観光地ならたいていは売っており、同じような品物、同じような値段です。マヌカハニーは質によって値段が違い、最高級はかなり高価です。わたしは安いものを購入しましたが、それでも、鼻づまりや咳などが改善されたと感じました。(これはあくまで個人の感想です)

 

 

南島の旅は、クライストチャーチから始めました。

まずは、個人のお宅でランチをいただきました。お仕事をリタイアされ、悠々自適の暮らしを送っておられるご夫婦の家です。ニュージーランドでは、こうした個人のお宅で旅人をもてなすシステムがあるようです。

ご主人の趣味は庭いじり、奥様の趣味は手芸、お料理、絵など多彩です。

居間の窓からお庭が眺められます。

ランチは、ラムチョップとポテトとニンジンのソテー、サラダ。野菜の一部はお庭で採れたものだとか。

 

 

クライストチャーチの中心部は、2011年2月の「カンタベリー大地震」で大きな被害を受けました。この街のシンボルであったクライストチャーチ大聖堂も倒壊。解体するかどうかで長く議論が続いていましたが、2017年になって、残った部分を生かして修復するという決定がなされたようです。

近くには、2013年、日本人建築家の坂茂氏設計による「紙の教会」も建てられました。

防水と難燃性を高めるためにコーティングされたボール紙の筒で作られています。50年ほどは問題なく使えるのだとか。

 

次ページ、観光地テカポへと旅は続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第74回
ニュージーランド旅 南島編その1 テカポとマウントクックで大自然を満喫

  • To Top