OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

ニュージーランド旅 南島編その2 ダニーデンで建築ウォッチングと渓谷鉄道

吉田さらさ

吉田さらさ

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

記事一覧を見る

ニュージーランド旅南島編その2

ダニーデンで建築ウォッチングと渓谷鉄道

 

ダニーデンはニュージーランド南島の南東にある歴史的な街。1860年代、この地方で金鉱が発見され、ゴールドラッシュが巻き起こりました。そのころから、この街は急速に発展したのでした。

スコットランドからの移民が多かったため、この街では、19世紀末から20世紀初頭の建てられたスコットランド風の堂々たる建物が多く見られます。わたしは2年ほど前にスコットランドに行きましたが、確かに、スコットランドのグラスゴーにそっくり。歴史的建造物に感心のある方は、ぜひゆっくり街歩きをしてみてください。

ダニーデンの象徴、セントポール大聖堂と市議会議事堂。真ん中は、スコットランドの詩人、ロバート・バーンズ。ここは「オクタゴン」と呼ばれる八角形の広場で、レストランやカフェが並ぶ街の中心地です。

ニュージーランド最古の大学、「オタゴ大学」。

こちらは「オタゴ高校」。今にもハリー・ポッターが登場しそう。


街なかにも、こんな風格ある建物が並んでいます。別の用途で建てられた建物が、現在はレストランやホテルとして使われていることもあるようです。

そしてこちらがダニーデンの駅舎。今も現役で使われており、「タイエリ峡谷鉄道」の始発駅となります。

列車に乗る前に、美しい構内を見学しましょう。

2階に登ると、美しい床の装飾もよく見えます。

 

 

「タイエリ峡谷鉄道」の旅は、次ページに。


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第74回/ニュージーランド旅 南島編その1 テカポとマウントクックで大自然を満喫…

次の記事>

次の記事>
第76回/ニュージーランド旅 南島編その3 氷河とフィヨルド、湖で自然観察…

この連載の最新記事

ねぶた祭りと青森観光で日本の夏を堪能

第108回/ねぶた祭りと青森観光で日本の夏を堪能

お寺のような空間の中で、  応挙寺の襖絵群を鑑賞

第107回/お寺のような空間の中で、 応挙寺の襖絵群を鑑賞

故郷、岐阜が誇る2つの名刹と夏限定グルメを巡るドライブ

第106回/故郷、岐阜が誇る2つの名刹と夏限定グルメを巡るドライブ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル