OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

ニュージーランド旅 南島編その3 氷河とフィヨルド、湖で自然観察

吉田さらさ

吉田さらさ

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

記事一覧を見る

ニュージーランド旅 南島編その3

氷河とフィヨルド、湖で自然観察

 

クィーンズタウンは湖沿いの美しい街で、四季を通して世界中から観光客が訪れます。南島最大の観光地であるミルフォードサウンドを含むフィヨルドランド国立公園への足場となる街でもあります。

クィーンズタウンからミルフォードサウンドの間には険しい山がそびえており、場所は近くても突っ切る道路はありません。そのため、山を迂回する数時間のドライブになります。しかし、その間には、さまざまな見どころがあります。

 

山脈を鏡のように映すミラー湖。真ん中にさかさまの「Mirror Lakes」という文字があり、湖に映っているのが見えますか?

巨大なシダが幾重にも生い茂る神秘の森。

氷河が通った後にできたU字型の谷。氷河とは高山に降り積もった万年雪が長い歳月をかけて氷になったもので、文字通り、河のように流れています。それによって浸食されたあとが、このような形の谷です。

 

 

そしていよいよミルフォードサウンドへ。サウンドとは、入り江という意味です。U字谷に海水が流入して生じた細長い入り江をフィヨルドと呼びます。

こちらでは、山々が海に落ち込む壮大なフィヨルドの眺めをクルーズで楽しむことができます。

この日はあいにく雨交じりでしたが、雲が垂れ込める風景もドラマティックで幻想的です。

あちこちで滝が流れ落ちており、甲板に出れば、氷河の水を浴びることもできます。

船の中では、和食のお弁当が出ます。こちらも、テカポのサーモン丼と同じように、海外にありがちな「なんちゃって和食」ではなく、普通に美味しいお弁当でした。

 

次ページに続きます。


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第75回/ニュージーランド旅 南島編その2 ダニーデンで建築ウォッチングと渓谷鉄道…

次の記事>

次の記事>
第77回/ニュージーランド旅 北島編 カフェの街ウェリントンからヨットの街オークランドへ…

この連載の最新記事

ねぶた祭りと青森観光で日本の夏を堪能

第108回/ねぶた祭りと青森観光で日本の夏を堪能

お寺のような空間の中で、  応挙寺の襖絵群を鑑賞

第107回/お寺のような空間の中で、 応挙寺の襖絵群を鑑賞

故郷、岐阜が誇る2つの名刹と夏限定グルメを巡るドライブ

第106回/故郷、岐阜が誇る2つの名刹と夏限定グルメを巡るドライブ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル