ニュージーランド旅 北島編 カフェの街ウェリントンからヨットの街オークランドへ

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

ニュージーランド旅 北島編

カフェの街ウェリントンからヨットの街オークランドへ

 

ニュージーランドの旅最終回は北島最南端の街、ウェリンドンから始めました。

人口20万人弱、こじんまりとした街ですが、ここがニュージーランドの首都。海に囲まれ、花が咲き乱れる美しいところです。

まずはケーブルカーに乗って高いところから街を眺めてみましょう。

1902年に開通。すでに100年以上の歴史があります。市街地と斜面の上の住宅地を5分ほどで結んでいます。

ケーブルカーの終点駅を降りてすぐのところには、ウェリントン植物園があります。バラ園やベゴニア、蘭などが咲く温室などが見どころです。日本庭園もあり、石灯籠型トーチに、広島から移されたという「原爆の火」が永久保存されているとのことです。

 

 

丘から降りて市内観光。首都なので、国会議事堂があります。

こちらはニュージーランド最大の木造建築である旧政府公邸です。1876年に建てられ、100年以上実際に使われていました。

 

 

キューバストリートは、カフェやレストラン、ファッションの店が並ぶおしゃれな街。

落書きにもアーティスティックなセンスがあります。

ウェリントンは世界でも有数のカフェが多い街。居心地のよいしゃれた店が多いです。

 

街から自然へ・・・次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第77回
ニュージーランド旅 北島編 カフェの街ウェリントンからヨットの街オークランドへ

  • To Top