ニュージーランド旅 北島編 カフェの街ウェリントンからヨットの街オークランドへ

続いて北島中央部にあるトンガリロ国立公園を目指します。こちらは1887年に認定されたニュージーランド最古の国立公園で、ルアペフ山、ナウルホエ山、トンガリロ山など、マオリ族の聖地とされる山々が聳えています。

左がトンガリロ山、右の富士山のような山がナウルホエ山。これらは火山なので、氷河が多い南島とは違い、日本の景色とどこか似ています。

 

 

ルアペフ山の麓に、シャトー・トンガリロという素敵なホテルがあります。

その名のとおり、英国のお城のような内装です。

世にもエレガントなダイニングルーム。優雅にお食事ができます。

 

 

続いて、これもまた人気の観光地、ロトルアへ。温泉とマオリ文化の町で、ホテルでもマオリ族の人々のダンスを見ることができます。

ロトルア最大の見どころは「テ・プイア」という地熱地帯に創設された複合文化センターです。テ・プイアとは、マオリ族の言葉で間欠泉のこと。こちらでは、まず、一度に噴き出す湯の量が世界一と言われるポフツ間欠泉などのダイナミックな光景を見ることができます。これ以外にも、あちこちから湯気が立ち上っています。同じ温泉地ということで、別府や雲仙を思い起こさせます。

周辺では自然観察もできます。こちらはマヌカハニーで有名なマヌカの木。もう花は終わって実がついています。

こちらはマオリ族の集会所であるマラエのエリア内にある倉庫。古代日本の高床式倉庫や神社によく似ています。

マオリの工芸などを伝承する学校もあり、見学できます。

 

 

続いてワイトモの鍾乳洞へ。こちらは発光性の虫であるツチボタルが有名。小船に乗って洞窟に入って静かに見学します。ツチボタルは洞窟内部の上の方にいます。小さな光が無数にあり、星空のようでした。

 

そして、旅の最終地点、オークランドへ。人口約140万人、ニュージーランドの人口の3分の1がこちらで暮らしているそうです。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第77回
ニュージーランド旅 北島編 カフェの街ウェリントンからヨットの街オークランドへ

  • To Top