ウィーン一人旅 :後編 郊外観光と音楽鑑賞のコツ

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

ウィーン一人旅

後編 郊外観光と音楽鑑賞のコツ

 

寺社部長の吉田さらさです。

前編に引き続き、ウィーンを1人で旅するための情報をお届けします。

後編は、ウィーン中心部から少し離れたところにあるお勧めスポットと、オペラやコンサートの鑑賞する場合の基礎知識です。

 

郊外のお勧めスポット

その1 シェーンブルン宮殿

郊外と言っても、地下鉄で15分もあれば行けます。

こちらの定番の見どころは、宮殿内の豪華なお部屋、宮殿の前に広がる巨大な庭園、そのはるか向こうに聳えるグロリエッテ(軍事的な記念碑。パリで言う凱旋門みたいなもの)です。あまりにも敷地が広いため、すべて見て歩こうと思えばかなりな体力と時間が必要です。

宮殿内は以前に来た時も見たので、短時間でざっと済ませ、今回は敷地内にある動物園をメインにいたしました。なぜウィーンまで来て動物園なのかというと、その真ん中にあるカイザーパヴィリオンというカフェレストランに行ってみたかったから。こちらは、かのマリア・テレジアとその夫、フランツ1世が、動物を眺めながら朝食を召し上がったという由緒あるお店なのです。

なるほど、店内の雰囲気はなかなかのものですが、お食事メニューは、まあ普通かな。こちらは、チキンのキノコクリームソース、パスタ添えでございます。

動物園そのものも、動物の見せ方にいろいろ工夫があってなかなか面白いです。

こちらはグロリエッテ。宮殿から庭園を突っ切り、急な坂道を2~30分登ったところにあります。

ここまで來るのにはかなり体力を消耗しますが、宮殿と街の眺めが素晴らしいです。

建物内にはカフェもあり、ウィーンらしい甘ーいケーキがいただけます。こちらは、シシィタルト。

 

次ページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

第79回
ウィーン一人旅 :後編 郊外観光と音楽鑑賞のコツ

  • To Top