金剛院さんの「お寺ごはん」をいただく会

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは、寺社部長の吉田さらさです。

今回は、素敵なカフェのあるお寺、金剛院さんで開催された「お寺ごはん」をいただく会のレポートです。

 

金剛院さんは、池袋駅から西武池袋線で一駅、椎名町駅のすぐ目の前にあります。境内にある「赤門テラスなゆた」は4年前の開店以来、テレビや雑誌に数多く取り上げられ、大人気。わたしも以前、OurAgeのコラムで紹介させていただきました。

このカフェでも健康的で美味しいお寺ごはんがいただけるのですが、今回は、それとは違い、お寺の建物内で住職さんのお話を聞き、特別に作られたお料理をいただく会です。

 

そもそも、そのお寺ごはんとは何なのか。この言葉には、住職の野々部利弘さんの、食に対する深い洞察と思い入れが詰まっています。野々部さんも、もともとは食べることが大好だったのですが、ある時、ふと、「これでいいのか?」と思われました。食という字は、人を良くすると書くのに、人々は本当に、自分を良くするための食事をしているのだろうか。もしかすると、「食べ間違い」をしているのではないかと。

住職さんは、まず、決まった食事時間ではなく、おなかが空いた時にだけ食べるという方針に転換しました。間食もやめ、保存料などが多い食品も避けるように。すると、1日に3食ではなく1.5食程度になり、体重が7キロも落ちました。そして心身ともに以前より調子がよくなったのだそうです。

 

グルメ的な食べ方ではなく、人を良くするために必要なものだけを食べる。これが、野々部さんが考える「お寺ごはん」の基本です。お寺の食事というと、肉や野菜をまったく使わない精進料理をイメージしますが、こちらでは、肉や魚もある程度取り入れています。「仏教は何事もジャッジをしない宗教なので、すべてを受け入れます」と、住職さん。しかし、もちろん野菜中心であることは間違いなく、その野菜たちの声を聞きながら、ていねいに味わって食べれば、少量でも満足感が得られるのではとのことです。

住職さんは、料理研究家の谷貝英美さんと意気投合。谷貝さんの妹さんの美也子さんも参加し、「心のごちそう帖 お寺ごはん」(株式会社アスコム 1300円)という本を出版されました。シンプルだけど美味しそうな料理の作り方がたくさん掲載されていますが、「単なるレシピ本ではなく、五感をひらいて食事をいただき、普段は気づかない幸せを見つけてもらうための本」と、住職さんはおっしゃいます。

 

 

「お寺ごはん」をいただく会は、年に4回、こちらの本に取り上げられたメニューを中心に開催されています。シーズンごとに、旬の素材を使った優しい味のごはんをいただけるため、毎回参加する方もいます。しかし、グルメ的に美味しいものを食べるだけの会ではないため、いただく前には、ご住職による茶明想の指導と法話があります。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第80回
金剛院さんの「お寺ごはん」をいただく会

  • To Top