ユニークな視点のおべんとう展で 食べる以外の楽しみ方を体感

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

こんにちは。

寺社部長の吉田さらさです。

今回は、東京都美術館で開催中の「BENTO おべんとう展─食べる・集う・つながるデザイン」のご案内です。美術館で食べ物の展覧会ってどういうこと?全国の珍しい駅弁が展示されるのかしら?内覧会の案内メールを見てもよくわからず、いろいろな「?」が湧いてきました。

 

プレスリリースには、「この展覧会は、日本独自の食文化であり、人と人とをつなぐお弁当を、コミュニケーション・デザインの視点からとらえ、その魅力を体験しながら、新たな視点を得られる空間になっています」と、書かれていますが、このコミュニケーション・デザインって、どういう意味なのでしょうか。

マライエ・フォーゲルサング 《intangible bento》イメージスケッチ 2018年

 

 

実際に展覧会を見てもこの言葉の意味が完全に理解できたとは思えないのですが、ひとつ言えるのは、「何だかとっても面白かったので、難しいコンセプトを理解できなくても十分楽しめる」ということです。展覧会というより、見て、触って、体験して、お弁当によるコミュニュケーションを体感する、ちょっと知的な遊園地という感じかな。

 

見どころは、大きく4つに分かれます。

まずは、遊び心のあるお弁当箱の展示から。江戸時代から明治・大正にかけて実際に使われていたお弁当箱のコレクションに目を見張ります。

楼閣形弁当 個人蔵

 

このお城のような形のものは、実は、おかずをいろいろ分けて詰めることができるお弁当箱です。

 

白陶朱漆組合せ瓢成り弁当 個人蔵

 

このひょうたん型のオブジェも、いろいろなパーツを組み合わせたお弁当箱です。

 

昭和の時代の懐かしい金属製のお弁当箱も展示され、触ることが可能なものもあります。

そうそう、こういうお弁当箱に、ごはんとおかずを詰めて持って行ったのでした。これだと、どうしても汁がこぼれて、包んでいた布がいつも汚れてしまうという難点があったことをよく覚えています。

 

 

次なる見どころは、発酵デザイナー、小倉ヒラクさんによるお弁当をテーマとしたアニメーションです。子供も覚えやすいメロディと歌詞、振り付けもあり、一緒に踊って楽しむこともできます。

 

 

三つ目の見どころは、オランダ生まれのイーティング・デザイナー(食べることをデザインする)マライエ・フォーゲルサングによる参加体験型の作品「intangible bento」です。

お弁当の「触ることや見ることのできない側面を物語として表現したもので、このガイドフォンを耳に当てると、お弁当の精霊が語りかけてきます。おべんとうにまつわる目に見えない思い出、生産者とのつながり、未来のおべんとうの可能性など、普段とは違う視点が興味深いです。

こちらがお弁当の精霊のイメージイラストです。絵葉書になっており、再びおべんとうのことを思い出してもらえるようにと、精霊フォンを聞いた方に配布されます。

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第81回
ユニークな視点のおべんとう展で 食べる以外の楽しみ方を体感


  • To Top