快適なコンパクトホテル「FIRST CABIN 京都嵐山」


「京都の旅で、予算の中でホテル代を抑え、その分、美味しい料理を楽しみたい…、また1週間くらい京都でのんびり過ごしたい…、ホテルにいるのは寝る時だけ…という女性の間で、口コミで人気となり、若い人だけでなく、40代以上の世代にもリピーターが急増している今、注目のホテルをご紹介します。

それが全国にコンパクトな客室のホテルを展開する「FIRST CABIN 京都嵐山」。今年春、京福電鉄、通称「嵐電」の「嵐山駅」の上にオープンしました。

飛行機のファーストクラスをイメージしたというコンパクトな客室は、全100室。そのうち、3階女性専用フロアには、「プレミアエコノミークラスキャビン」(2段ベッドタイプ 20室 2,500円~)、「ビジネスクラスキャビン」(1段ベッドタイプ 47室 4,000円~)、「ファーストクラスキャビン」(ベッドとテーブルスペースタイプ 8室 5,000円~)があります。(*表示は税込)

2階男性専用フロアは、「ビジネスクラスキャビン」のみで、女性客が多い時は、全館女性専用ホテルに変わる、まさに女性のためのホテルなのです。

 

さっそく宿泊体験を…。

駅のすぐ横の入り口からエレベーターでチェックインのため3階のフロントへ。広く明るいロビーは、ソファや大きなテーブルがあり、宿泊者は自由に利用できる、寛ぎのパブリックスペース。そこには、有料のコーヒーメーカーもあり、ランチや夕食を外で買ってきて、ここで食べたり、お友達との会話も楽しめる場所になっています。

チェックインは、フロントで料金を前払いして、入館カード、セイフティーボックスの鍵、そしてテレビを見るためのイヤホーンを受け取ります。

3階は女性専用フロア。入館カードでロックされているドアから中へ。一人旅でも安心なシステムです。客室キャビンのスペースへと続く廊下沿いには、トイレ、大浴場、シャワー、洗面所、ランドリーなどの施設が…。

洗面所には、スキンケア製品やドライヤーなどが用意され、滞在に必要なものは全部そろっています。3階フロアだけにある大浴場は、ここに滞在する女性の特権(男性フロアはシャワーとジェットバス)。広々した湯船には、程よい湯加減の湯が満ち、清掃時間以外、滞在中はいつでも利用でき、歩き疲れた体をいつでも癒せるのは嬉しいこと。

 

さて、その奥に客室であるキャビンが集まるスペースがあります。それぞれロールブラインドかアコーディオンカーテンで区切られて、美しく整えられたベッドが連なっています。

プライバシーは守られていますが、鍵は掛からないので、そこを離れる時は、貴重品をベッド横またはベッド下にあるセイフティーボックスに入れてロックするのを忘れずに…。

ベッドに特化した「ビジネスクラスキャビン」と「プレミアエコノミークラスキャビン」では、ベッドに置けないスーツケースや余分な荷物は、同じフロアの荷物置き場へ移動します。必要なもの以外は、キャビンには持ち込まないのが、快適に過ごすコツかも。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第64回
快適なコンパクトホテル「FIRST CABIN 京都嵐山」

  • To Top