ダム好きの気持ちがわかった! 秋田・玉川ダムで感動した理由

プロフィール写真

秋田県在住。映画と猫とスキンケアが大好き。学生の頃に部活で頑張っていた水泳をまた始め、自己管理の一環としながら、ゆったりと続けています。何年か前から始めたボイストレーニングの先生に伴奏をお願いし、たまにボーカルとして音楽活動も。20年来のパートナーが経営する、地元密着型居酒屋で働き、お休みにはお1人様、または友人とのおでかけを楽しんでいます。県内と、お隣の岩手県(知り合いが多数在住)など、私の秋田・東北ご近所旅をお楽しみいただけたら、と思います。

カレンダー上も私も休日、連休だしどこに行っても混んでいるかなと思いつつ、青空が広がる中、秋田県にある玉川(たまがわ)ダムへ。

 

前回、田沢湖へ行ったときに、「ここから30分~40分あれば玉川ダムまで行けるな」と思い、この日25年ぶりぐらいの玉川ダムまで、1人のドライブを楽しみながら車を走らせました。

私の家からは車で1時間半ほどですが、連休などで道が混んでいると2時間近くはかかります。

 

ここ玉川ダムは、秋田県仙北市(せんぼくし)の一級河川・雄物川(おものがわ)水系玉川に建設されたダムです。


高さ100メートルの重力式コンクリートダムで、雄物川水系に建設されたダムの中では最大規模のダムなんです。

玉川・雄物川の治水と、秋田市や秋田平野の水の利用をはかり、さらに玉川河川水の中性化・水質改善を目的とした特定多目的ダムです。

玉川は、皆瀬川(みなせがわ)・成瀬川(なるせがわ)・役内川(やくないがわ)と共に「雄物川四大河川」と呼ばれる主要な支流で、水源は八幡平(はちまんたい)付近、玉川温泉を経由してダムを通過し、前回おでかけした田沢湖を流れて、角館付近で檜木内川(ひのきないがわ)と合流します。その後は花火の町・大仙市、大曲付近で雄物川へと合流、そして日本海へ。

 

このダムによって造られた人造湖は、水没地域のひとつ、宝仙台(ほうせんだい)からとり、宝仙湖(ほうせんこ)と名付けられました。後ほど写真が出てきますが、ここ宝仙湖の色は青というかエメラルドグリーンというか、人造湖の中でもとても美しい湖だと思います。

 

8年前に田沢湖で、韓国のサスペンス系でアクション系のようなドラマの撮影があったらしいのですが、そのときに玉川ダムでも撮影をしたそうで、 広大で、なおかつ綺麗な景色をバックにして撮影、これは見ごたえあっただろうなと思います。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top