OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

暖かい“ヤク”のタートルワンピースで冬の広島・宮島へ

小林一美

小林一美

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

記事一覧を見る

仕事とプライベートの旅で、広島へ行ってきました。
まずは、広島T-SITE(レクト)で、ル・ピボットのポップアップショップをして頂いたので、ご挨拶と少しだけお手伝いを。(イベントは終了しています)

お昼は、ビル丸ごとお好み焼き屋さんというお好み村へ。
乗ったタクシーの運転手さんのアドバイス通り、豚玉うどんと豚玉そばを頼んで、シェアしました。
どこに入っても、このメニューなら大差ないと言われたので、すぐ入れるお店をチョイスしました。
夜は、新天地にある鉄板焼き・べんべえに行き、シェラトングランドホテル広島のバーで1杯。
夕張というメロンのカクテルを、本当に1杯だけで就寝しました。

 

 

翌日は、せっかくなので、世界遺産を見に宮島へ。
世界遺産の厳島神社へは、宮島口桟橋からフェリーで移動です。

平日でも沢山の人が来ていました。
フェリーから写した大鳥居

この日はとても寒かったのですが、青空と広々した景観で、田舎を思い出しました。

大河ドラマを思い出しながら、平清盛像にご挨拶を。

大鳥居をバッグに撮影。

週末から急に寒くなるというお天気だったので、Le pivotのYAKのタートルワンピースで行きました。
本当に暖かいです。これを着る度に、ヤクってすごい動物だなと思います。
ダウンはモンクレール、デニムはマザー、スニーカーはプラダ、バッグはいつも登場しているSTATE OF ESCAPE
大判のストールはハリスグレースです。
ワンピースに太いベルトを着けていますが、こちらはMAISON BOINET。

 

 

海上に浮かぶ幻想的な厳島神社の社殿へ→


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第35回/初めての能楽堂へは、落ち着いたトーンのファッションで…

次の記事>

次の記事>
第37回/ブラック×パープルのコーデで大好きなハリー・ポッターの世界へGO!…

この連載の最新記事

夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

第43回/夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

第42回/久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

第41回/9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル