初めてのハワイで、ホノルルマラソンを走ってきました!

薄暗いダウンタウンを抜けたら、道が開けてきます。
いよいよホノルルマラソンの1番の難所、ダイアモンドヘッドの登り坂。
35mの高低差を、えっちらおっちら登ります。


登っている最中に朝焼け。
綺麗!(ハアハアしながら)

 

友人が撮影してくれた走っている私。


笑顔に見えますが、内心は結構必死です。

最後の最後40kmあたりでまたダイアモンドヘッドの坂が再び!(泣)


景色はサイコーですが、既に息も絶え絶えです。

 

ゴール!!アロハポーズで決め!


実際にはぎりぎり5時間を切るのが精一杯でした。

 

私は二度目のフルマラソンでしたが、正直初めての時よりきつかったです。

 

気温差に時差による寝不足などもありますが、やはり練習不足や経験不足も大きかったと思います。後半ほとんど歩いてしまって、まだまだだなあと反省しました。

 

とはいえ、制限時間のないホノルルマラソン。歩いている人も多く、ベビーカーを押している人までいて、お祭りと言われる意味もわかるような気がします。

 

ちなみに今回のレースでは、最終ゴールの方はなんと17時間かけて完走(完歩?)されたそう。実は一緒に行った仲間にも普段ほとんど走らないメンバーもいたのですが、彼らも14時間かけてしっかりゴール!
そのバイタリティと努力は本当に感動の一言でした。

 

 

道路脇でたくさんの地元の方がひっきりなしに応援してくれたり、お菓子やコールドスプレーを自費で振舞ってくれたり(なんとそうめんやビールまで!)本当に暖かくアットホームなホノルルマラソン。

 

私も苦しいと思うと声援に励まされ、結果的に頑張れたのだと思います。
道路も封鎖し、きっと色々不便だろうに、ニコニコと暖かいハワイの人々の姿におもてなしの真髄を見た気がしました。

 

折しもあと一年ほどで日本でもオリンピックが開催されますよね。
彼らのようなおもてなしが私にできるのだろうか、なんて考えるいいきっかけになったかもしれません。


そんなこんなで、初めてのハワイは、観光名所はほとんど行かなかったけど、とても心に残るものになりました。
いつか機会があればまたチャレンジしてみたいな。

 

あー、でももっと練習しなくちゃ!

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top