一人旅マニアが絶賛おすすめする、コミカプ京都新京極店

プロフィール写真

和歌山生まれ、西日本アチコチ育ち。結婚後~広島県在住。ガーデニング系の資格を多数所持。好きなことには猪突猛進。現在、毎日のウォーキングから発展して、各地名山の登頂をもくろみ中。地の利を活かして瀬戸内中心にお出かけ情報をお届け予定。

瀬戸内在住の私ですが、お出かけ女史な私は本年の正月早々、京都に滞在していました。

 

OurAgeなお年頃になり、自分の「一生に一度はしたいと思ってること」を実行していく、にどんどん更新をかけていってます。
そのひとつであった”京都での年越し”を本年早々達成してきました。

 

とはいえ、いつも通り計画なく無鉄砲に行ってしまい、とりあえず京都で除夜の鐘を聞きたい!を実現をしようと、大晦日の京都にて除夜の鐘ポイントの聞き込み開始。

 

そうしたら、なんと京都人複数から、「わざわざ除夜の鐘を気にしたことがないから、除夜の鐘ポイントなんかわからない」との言葉が返ってきました。なんという不覚!!!

 

数人が「まぁ、とりあえずは大晦日は八坂神社方面かな」というので、近くまで行ってみると、、、ものすごい人だかり。
大きな道路が車は進入禁止で、人、人、人の波。


そうです。皆、八坂神社への初詣客なのです。
田舎からきた私はその人の量に驚愕してしまいました。
そして、除夜の鐘なんか、人々を整理する警察やその他の雑音で全く聞こえず。

 

そうこうしているうちに、年明けのカウントダウンは始まり、いつの間にか年明けちゃいましたが・・・、その瞬間、近くにいた人たちと盛り上がり、知らない外国の方とハグして、新年を迎えました。
(画像のブレが盛り上がりぐあいを象徴してます。笑)

 

翌日の元旦ぐらいは京都らしいお雑煮を食べたくて「志る幸」という老舗の汁もの専門の料理屋さんに行ってみました。

 

私と同じように元旦に、この老舗料亭で京都のお雑煮を食べたいと思った人は、たくさんいて、、、2時間以上待ちました。

 

休日のディズニーランド並みです。(待ってる間に一緒に並んでた人たちと仲良くなり、妙な一体感ができてしまいました。その体験も面白かったです)

 

そんな苦難を潜り抜けて頂くことができた白味噌仕立ての柚子香るお雑煮。

たしかに、京都らしさ満載の上品で美味しいお雑煮・・・!!
是非1度は食べてみてほしい品格ある優しいお味です。
ちなみに「志る幸」では、お正月だけじゃなく実は12月~1月までは食べられるそうなので、行列を避けたい方は、3が日以外の日にどうぞ。

 

そしてお雑煮を食べたあとは、、、これまた泊まりたかった「コミカプ京都新京極店」へ。

 

私にしては珍しくチェックイン時間と同時にチェックイン。
何故なら、ここは「漫画を読む」ことが主たる目的の宿泊だからです。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top