ネパールのポカラ。朝起きると、窓からアンナプルナ、聖山マチャプチャレが綺麗に見えて……

プロフィール写真

和歌山生まれ、西日本アチコチ育ち。結婚後~広島県在住。ガーデニング系の資格を多数所持。好きなことには猪突猛進。現在、毎日のウォーキングから発展して、各地名山の登頂をもくろみ中。地の利を活かして瀬戸内中心にお出かけ情報をお届け予定。

今回で最終回の「とも乃」です。

 

先週インド~バングラディシュ~ネパールを巡り帰国しました。

 

今回は、生きてる間に1度は行きたい、と思っていたヒマラヤを見る為に、ネパールのポカラを目指しました。

 

20代の頃読んだ旅の本によく出てきたインドとセットで出てきたネパールのポカラ。ヒマラヤのアンナプルナ連峰という8000m級の山々を見ることができ、比較的初心者向けのトレッキングの楽しめる拠点としても有名なネパール第2の都市です。

 

飛行機でピョーーン!と飛んで行っても面白くない?ので、インドのバラナシから列車とバスを乗り継いで、国境を目指し、ネパールに入国。

 

こちらが、インド側の国境ゲート。(右手奥のオレンジ、白、緑の門がそうです)

そしてネパール側の国境ゲート。


このルートで国境を越える人は沢山いるので、イミグレーション(入国審査)での手続きは、あっという間、で、ネパールへ。
国境を越えると、少しだけインドと雰囲気が変わったような気がしました。
私はその後、国境近くの町からルンビニというブッダが生まれた場所で2泊し、そこから目的地ポカラにバスで向いました。

 

ポカラへの道はブログ等で「悪路と名高い」と書かれていましたが・・・インドでもっとすごい凸凹道を何時間も揺られた経験があったので、大丈夫でした。


というよりもバスは意外と快適で、トイレ休憩も何度もあるし、途中で寄ったレストランのランチ(ダルバートと呼ばれるネパール料理)も美味しかったです。

そんなこんなで到着した先、「ポカラ」は、評判通り、とても居心地良く素晴らしいところでした。

 

フェワ湖という名の湖を囲み、宿とお店やカフェ、レストランが立ち並び、治安もよく食事も各国料理店があるので、美味しくいただけました。


宿も多くあるので、到着してから数軒周ってから決めました。
安いと個室でも500円ぐらいからありますが、今回は旅も終盤だったのでちょっと贅沢して、立地と景色のよいダブルベッド部屋に1000円で滞在。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE


  • To Top