重要システムメンテナンスのお知らせ

下記日程にてシステムメンテナンスを実施予定です。
ご迷惑をおかけしますが、
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

【停止期間】2019年09月02日(月)13:00 ~ 15:00

モロッコで異国情緒を満喫する旅 その2 ローマの遺跡から迷路の街フェズへ

プロフィール写真

寺と神社の旅研究家。

女性誌の編集者を経て、寺社専門の文筆業を始める。各種講座の講師、寺社旅の案内人なども務めている。著書に「京都仏像を巡る旅」、「お江戸寺町散歩」(いずれも集英社be文庫)、「奈良、寺あそび 仏像ばなし」(岳陽舎)、「近江若狭の仏像」(JTBパブリッシング)など。

寺社部長の吉田さらさです。

今回は、モロッコの旅の第2回。

モロッコに来て3日目。本日は、ローマ時代の遺跡、ヴォルビリスに向かいます。

少し規模は小さめですが、イタリアのポンペイ遺跡にそっくり。こちらも「ヴォルビリスの考古遺跡」として世界遺産に指定されています。

ローマ帝国の西端地域の中心地として栄え、全盛期には3万人近くの人が住んでいました。広場の周りにバシリカ礼拝堂、浴場、市場、神殿などが設けられていました。

ローマ帝国の衰退やイスラム教の進出によって廃墟と化し、1755年のリスボン大地震によって大きな被害を受けましたが、フランスの考古学者によって発掘が進められ、世界遺産に指定された現在も続いています。

こちらはカラカラ帝の凱旋門。ここから続く大通りの両側には富裕層の家が立ち並んでいました。周辺は肥沃な土地で、オリーブオイルや小麦などの農作物もよくとれたため、財を蓄える人が多かったそうです。

邸宅の床には、美しいモザイクが施されていました。

柱の上に、なんとコウノトリの巣があります。日本ではコウノトリは希少種となりましたが、モロッコではそう珍しくなく、あちこちで、このような巣を見かけました。

フェズに向かう途中、メクネスという街に立寄りました。

こちらも「古都メクネス」として世界遺産に指定されています。

これはマンスール門と言って、城壁に囲まれた王都に入るための門です。

壁に施された細かな細工が見事です。

これは観光用の馬車ですが、モロッコでは、馬車やロバも一般的な乗り物としてよく使われており、自動車用の道路でも普通に見かけます。

この日のランチは、ここ、メクネスにて。

これはモロカンサラダ。茹でた野菜や豆を盛り合わせ、スパイスの利いたオリーブオイルベースのドレッシングをかけていただきます。

このような平たいパンも定番。香ばしくて美味しいです。これにたいていは何かのタジン料理がついているというパターン。

そしてこれも、モロッコの定番、ミントティです。

お砂糖をどっさり入れて甘くするのが一般的ですが、砂糖なしという注文もできます。

ミントの葉の入れ方は店によってまちまち。このように生ミントをどっさり入れる場合もあれば、乾燥ミントを少し入れただけのところも。

 

 

次ページに続きます。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE
第98回
モロッコで異国情緒を満喫する旅 その2 ローマの遺跡から迷路の街フェズへ


  • To Top